記事
  • ロイター
  • 2020年09月10日 18:20 (配信日時 09月10日 18:48)

マレーシア中銀、政策金利1.75%に据え置き 回復不均一と予想

[クアラルンプール 10日 ロイター] - マレーシア中央銀行は10日、政策金利を過去最低の1.75%に据え置いた。今年これまで4会合連続で利下げしたが、新型コロナウイルスの打撃を受けた経済に回復の兆候が見らえる中、今回は現状を維持した。

ロイターがまとめたエコノミスト調査では13人中6人が金利据え置き、7人が引き下げを予想していた。

中銀は、財政・金融政策の支援を受け、経済は4月を底に回復してきたと指摘。

外需の拡大もあって、2021年にかけて回復が続くと予想しているが、回復ペースは業種によってまちまちとみられ、一定の「下振れリスクと不確実性」が存在するとの認識を示した。

声明は「成長とインフレ見通しを踏まえれば現在の金融政策のスタンスは適切」としたうえで「中銀は持続的な景気回復を可能にする状況をつくるために、必要に応じて政策手段を活用することに引き続きコミットしている」とした。

マレーシア株<.KLSE>と通貨リンギ<MYR=>は中銀の発表後もほぼ変わらず。

輸出依存度の高いマレーシア経済は、コロナ禍で第2・四半期は約20年ぶりの大幅なマイナス成長となった。

第3・四半期に入って輸出には持ち直しの兆しがみられるが内需は依然低迷し、消費者物価は7月まで5カ月連続で下落している。

キャピタル・エコノミクスのアジアエコノミスト、アレックス・ホルムズ氏は、景気悪化で家計や企業財務が打撃を受けており、政府が来年は財政安定化に向け緊縮路線をとると予想されることから、さらなる支援が必要になると指摘。「年内最後となる11月の会合で25bp、2021年に50bpの追加利下げを予想する」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  10. 10

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。