記事
  • ロイター

8月中国自動車販売、新エネ車が2カ月連続増 回復基調を維持

[北京 10日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)が集計した8月の国内自動車販売台数は5カ月連続の増加となった。電気自動車(EV)などの新エネルギー車(NEV)も2カ月連続で増加した。

EV、プラグインハイブリッド車、燃料電池車を含むNEVの8月の販売台数は前年比26%増の10万9000台。CAAMの幹部は、地方の販促イベントや地方政府の支援がNEV販売増に寄与したと説明した。

CAAMは、今年のNEV販売は前年を11%下回る110万台になるとの予想を示した。

中国政府は環境対策の一環でエコカーを推進しており、内外のEVメーカーは中国の生産体制を強化している。

LMCオートモーティブのアナリスト、アラン・カン氏は「GMの中国合弁が出した新モデルやテスラのモデル3の売れ行きが良く、8月は新車効果がみられた。上海蔚来汽車(NIO)<NIO.N>や小鵬<XPEV.N>のような新興EVメーカーの販売も安定していた」と述べ、NEVの販売は今後数カ月、8月の水準を維持するとの見方を示した。

8月の国内自動車販売台数は219万台で前年比11.6%増加。コロナ禍による落ち込みから回復基調を維持した。

1─8月の販売は1455万台で、前年同期を9.7%下回った。

中国自動車市場の約4分の1を占めるトラックなどの商用車の8月の販売は41.6%増加。政府のインフラ投資のほか、排ガス規制強化を受けた買い替え需要が押し上げた。

乗用車販売は6%増加した。

メーカー別では、吉利汽車<0175.HK>やトヨタ<7203.T>で販売が増加する一方、日産自動車<7201.T>や米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の中国合弁は減少した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  5. 5

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  6. 6

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  7. 7

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。