記事

戦後75年、歴史教育・平和報道は新たな段階に進むべきタイミング? 『1945ひろしまタイムライン』炎上から考える

1/2

 「もし75年前にSNSがあったら?」。この夏、話題を呼んだNHK広島放送局のTwitterアカウント『1945ひろしまタイムライン』。広島を舞台に、戦中から戦後の復興を生き抜いてきた実在する人物の日記やインタビューを元に、当時の日付と同じ日にツイートしていくという企画だ。

・【映像】"ひろしまタイムライン"が差別助長と批判 歴史の伝え方と表現を考える

 新婚の新聞記者「一郎」(32)、結婚2年目で夫は軍医として出征、お腹には子どもがいる「やすこ」(26)、そして郊外の農園に疎開している中学1年生の「シュン」(13)の3人による“戦時下のリアル“に多くのフォロワーが共感。特に広島に原爆が投下された8月6日が近づくにつれ、身の安全を気にかける声が急増。当日ツイートには合わせて7000件以上のリプライが届くなど大きな反響を呼んだ。

 ところが8月20日、広島から埼玉・秩父へ移動していたシュンの「朝鮮人だ!!大阪駅で戦勝国となった朝鮮人の群衆が、列車に乗り込んでくる!」「『俺たちは戦勝国民だ!敗戦国は出て行け!』圧倒的な威力と迫力。怒鳴りながら超満員の列車の窓という窓を叩き割っていく」というツイートが投稿されると、酷い差別煽動」「当時の価値観だからといって書いていいのか」「人種差別・民族差別をよぶ」「ヘイトスピーチと変わらない」といった批判の声が相次いだ。

 NHK広島放送局では「被爆された方々の手記やインタビュー取材に基づいて掲載した」とした上で、「十分な説明なしに発信することで、現代の視聴者のみなさまがどのように受け止めるかについての配慮が不十分だったと考えている」と説明。ただ、シュンのモデルであるとされる男性との意見の食い違いが報じられるなど、問題は複雑化している。

■「現代の差別につながっている」

 『1945ひろしまタイムライン』への厳しい批判に対し、「当時の言葉までは変えられない。知ることが大事では」「歴史を修正すべきではない」「過去の声であって、今に向けた言葉ではない」と一定の理解を示す声もある。

 一方、「率直に言うとあり得ない。ショックや怒りという前に、何をやらかしてくれたんだと」と危惧するのが、フリーライターで日本国籍の在日コリアン3世の金村詩恩氏だ。「なぜ注釈がないのか。“NHKだってこういうふうに言っているではないか”という広がりを見せることによって、差別的な言動をする人たちが増えてくる。“在日コリアンは差別されて当たり前なんだ”という人たちが増えてくる」と指摘する。

金村氏:戦前、日本にいる朝鮮人はかつての三・一独立運動で日本に歯向かった人たちだということで、協和会という組織に監視されていた。その反動として、解放後、色々なところで事件を起こしてしまった。そのことについては在日本朝鮮人連盟という団体が全国大会を開き、反省の言葉も語っている。だから、確かにツイートに出てくるような騒擾事件あったのかもしれない、というのが私のファーストインプレッションだ。

一方で、違和感もあった。当時は“朝鮮人”ではなく、“鮮人”とか“半島人”、“三国人”という言われ方をされており、私の祖父もそのように呼ばれたと聞いている。また、“戦勝国民”についても、当時の在日コリアンたちは“(植民地支配から解放された)解放国民“という言い方をしていたようだ。実際、シュンのモデルの新井俊一郎さんも“日記にそういう記述は残していない”と言っている。資料にないことを書くのは歴史の改ざんにも繋がってしまうし、歴史を継承していくという趣旨にも反してしまうのではないか。

他方、民族問題などについて発信を続けている元北海道議会議員の小野寺まさる氏は、次のように指摘する。

小野寺氏:騒擾事件については当時の新聞も報道しているので、良い悪いは抜きにして、史実としてあった、ということは認めなければならない。ただ、“戦勝国だ”という発言については、朝鮮半島の方々は日本国民だったわけで、“戦勝国”には当たらないと考える。そして、知識があまり成熟していない中でこういうツイートを急に出してしまえば、様々なハレーションを起こしてしまう可能性がある。そのことをNHKは考慮しなければならなかったと思う。

また、あくまでも私の考えとして受け取って欲しいが、今回の問題は、在日の方々と私たちが、そのような考え方の相違に真剣に向き合ってこなかったことが関係していると思う。朝鮮半島の方々に悪いことをしてしまった日本人の我々も、騒擾事件を起こしてしまった朝鮮半島の方々も反省し、お互いに歩み寄ることを避けてきたがために、“差別だ”とか“ヘイトだ”、“いや、これは史実だ”と、反発し合ってしまう。

■注釈の問題か、表現力の問題か…そもそもTwitterでは限界があったのか

ここからは、番組のレギュラーコメンテーター陣も交えて意見交換を行った。まず、NHKはどのような配慮すればよかったのだろうか、という問題だ。

批判を受けたNHKは、注釈を付ける対応を取った。例えば8月28日、やすこの「廣島の町へ行くだけでもその害毒を受けることだろうし、もし患者に接触したりしても伝染するものだったら…」というツイートには、「※厚生労働省が原爆症と認める白血病やがんなどは伝染しませんが、当時の状況を伝えるため、日記に基づいて掲載します」という注釈を付けている。

これに対し、ネット上には「最初からやっておけば良かったのに」という声や、「世界観が壊れる。臨場感がなくなったなぁ」「作りものになったみたい。時代がそうさせたのか」といった声など、ここでも賛否の声がある。

金村氏は「日記・手記・インタビューに実際にあった記述です。当時の時代背景を理解していただくために使用しました。差別的な意図はなく、差別目的による引用はおやめください。(出典の資料・映像または音声のデータの添付)」といった注釈を付けるべきだったと指摘する。

金村氏:インターネット、Twitterは特に差別的な言動が規制されていない状況なので、在日問題だけでなく、様々な差別の問題が語りにくい。一番短い形は“原文ママ”だが、歴史資料の場合、現代にそぐわない表現もたくさんあるので、場合によっては“原文ママです”とか、手塚治虫さんの漫画作品のように、“人種差別的な表現がありますが、筆者の意図を…”といった注釈を付ける必要がある。ただ、これはTwitterの140字では書ききれない。そこで当時の時代背景を理解していただくために、日記・手記・インタビューにある記述を使うということをまず示し、引用箇所が差別主義者に利用されないようにする必要がある。

ハヤカワ五味氏(ウツワ代表):どう転んでも、いずれかのツイートが炎上していた可能性がある。結局、キャラクター作りや何を学んで欲しいのか、何を考えて欲しいのかというところも含め、Twitterで表現するのは難しかったと思う。その点では、担当者に同情してしまう部分もある。別のSNS、あるいは一冊の本になっていたら違っていたのではないか。

佐々木俊尚氏(ジャーナリスト):その記述を画像にして貼っておけばいいと思う(笑)。

小野寺氏:ただ、当時の証言やインタビューが史実かどうかは分からない。その人の勘違いという可能性もあるかもしれない。ただ、朝鮮半島の方々を差別する意図はなく、悲しい歴史があったことを知ってもらいたいということで出したのは確かだと思う。その意味では、なぜこの企画があって、何を皆さんに伝えたいのかということをしっかり説明した上で注釈を付けるべきだったと思う。

安部敏樹氏(リディラバ代表):メディアを通して自分が戦時中にいるような気になるという、とても面白い試みだったと思うが、まず歴史と差別は繋がっているという認識を持つことが必要だったと思う。そして、こういった“投げかけ”によって多くの人に見てもらい、改めて戦争責任などについて考えてもらうのが目的だったはずが、注釈を入れていくことによって、広がりづらくなってしまうということもある。そこが本当に難しい。まず関心を持ってもらうという意味では、言葉遣いはマイルドなものにしておくべきだったのかもしれない。

佐々木氏:表現力の問題もある。『現代ビジネス』に執筆したが、『この世界の片隅に』という作品の場合、原作の漫画と片渕須直監督のアニメ作品では、主人公・すずの台詞が異なっている。終戦直後、呉の街に太極旗が翻り、朝鮮半島から来た人たちが喜んでいる。そして、すずが泣きながら喋るが、原作では“暴力で私たちは半島の人たちを従えとったってことか”というようなことを言うが、当時の日本人がアジア加害についてはそんな意識を持つはずがないと思う。

そこで片渕監督は“海の向こうから来たお米や大豆やそんなもんでわしらはできとったんじゃな”というような台詞にした。この場面は批判を浴びた一方、ヘイトを煽るような台詞ではない。つまり、表現を和らげるのではなく、違う形の表現によって、当時の人たちのリアルな感覚を表現することが可能だということだ。NHKの企画そのものは評価できるが、もう少し研ぎ澄ました言語感覚で表現して欲しかった。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  4. 4

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  5. 5

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  7. 7

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  9. 9

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  10. 10

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。