記事

週刊金融日記 第436号 続・コロナバブルに乗れなかった人たちの反省会 ロビンフッドに熱狂する米国個人投資家たち、他

第436号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2020年9月8日 第436号
// 続・コロナバブルに乗れなかった人たちの反省会 ロビンフッドに熱狂する米国個人投資家たち
// 菅首相でほぼ決定
// レストラン紹介コーナーは自粛中
// アベノミクスのツケは将来世代の払う税金でなんとかなるのか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 香港の新コロ第三波は順調に収束して、レストランも夜の10時まで営業できるようになり、ジムも再開し、だいたいの制限はなくなりましたね。とはいえ、僕はデリバリーでご飯を食べる習慣がすっかり定着して、相変わらずデリバリーが多いです。
 香港は世界一家賃が高いと言われている都市で、だいたいの人が狭く劣悪なアパートに住んでいます。かなりの金持ちでも家にまともなキッチンがありません。だから、新コロ禍でレストラン営業に制限が加わっても自炊が流行るわけではなく、人気のレストランはデリバリーで繁盛しているようです。デリバリーが加わると、レストランはテーブルの数以上に料理を売れるので、上手く立ち回れるところは、もっと儲かるようになるのかもしれません。
 僕は都心に住んでいるので、美味しいレストランが近所にたくさんあり、スマホでピッとやると出来立ての料理がすぐに運ばれてきます。こうなると、わざわざレストランに行くのがめんどくさくなってきて、もはや新コロ禍による仕方なくの代替手段以上のものになってきています。

★香港は、UberEatsもあるのですが、ローカルの別のアプリのDeriverooなんかのほうが参加レストランも多く便利だったりします。日本もUberEats以外でも勝てるアプリが出てくるかもしれませんね。

★もちろん、人々は外で食べるのも好きなので、香港の夜のレストラン街の活気も戻ってきました。

★9月1日から中国政府と共同で始まった大量検査プロジェクトで無料で誰でもPCR検査できるのですが延べ100万人ほどが参加しそうです。

★本日の香港の新規の市中感染者数はとうとう3人にまでなりましたね。

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- アベノミクスのツケは将来世代の払う税金でなんとかなるものでしょうか
- やはり社会では学歴は大切でしょうか
- Post Covid19では地方回帰がますます進みますか
- 創業70年になる製造業の跡継ぎですが業務改善を率先する人は煙たがられる運命なのでしょうか
- 東京ラブストーリー2020に恋愛工学を彷彿とさせる場面がいくつもあります
- コロナ感染を防ぐ既婚プレイヤーの新しい恋愛様式

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.続・コロナバブルに乗れなかった人たちの反省会 ロビンフッドに熱狂する米国個人投資家たち

 加熱していた米国株式市場ですが、先週急落して、じゃっかんのガス抜きになったようです。しかし、株価が二週間前の水準に戻っただけで、まだまだバブル相場の真っ只中であるという見方に変わりはありません。
 前回は株高の理由として、(1)非伝統的金融緩和とヘリコプターマネーによるインフレ期待、(2)ヘリコプターマネーをもらった個人投資家を中心に株式投資ブームが起きている、(3)新コロ禍は深刻な被害をもたらしているが深刻さの度合いがわかってきたことによるリスクプレミアムの低下、という3つの視点を書きました。

●5分でわかるアベノミクス総括と株高を説明する3つのポイント(金融日記 Weekly 2020/8/21-2020/8/28)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52177378.html

 今週号ではコロナバブルに浮かれたアメリカの個人投資家がロビンフッドという株取引アプリでめちゃくちゃ株を買っていて、それが今回の急落の大きな要因だったのではないか、ということを書きたいと思います。
 ロビンフッドですが、要はアメリカのネット証券なんですが、そのアプリがいま米国で大変なブームになっているということです。歴史はかなり長く、2013年に創業しています。バイジュ・バットとウラジミール・テネフがスタンフォード大学の数学科で友達だったのですが、証券会社の電子取引プログラムを開発する会社に務めていて、それから2人で起業しました。当時は、世界同時金融危機の後で「ウォール街を選挙せよ」デモが流行っていた時期で、会社のスローガンは、ウォール街は自分たちで金融市場を独占して貧乏な庶民からは高い売買手数料を毟っている、けしからん! 庶民のためにこうしたウォール街の大手金融会社から富を奪い庶民に配るんだ、というものでした。だから、中世の悪い貴族や商人から盗んだ金品を庶民に配っていた盗賊ロビンフッドと、自分たちの会社を重ねていたのです。その目玉商品が、株式取引の手数料ゼロでした。

『外資系金融の終わり』 http://amzn.to/2ixif2n

 いまでこそネット証券会社の手数料ゼロは珍しくありませんが、もちろんこれには種も仕掛けもあります。どうやって手数料ゼロで儲けるか、というと、これは日本の外国為替証拠金取引のFX会社と同じで、別にことさら新しいようなものでもありません。
 まずは・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2020年8月21日-2020年8月28日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1616.60, +0.7% (1w), -6.1% (YTD)
Nikkei225: 23205.43, +1.4% (1w), -1.9% (YTD)
S&P500: 3426.96, -2.3% (1w), +6.1% (YTD)
USD/JPY: 106.25, +0.9% (1w), -2.2% (YTD)
EUR/JPY: 125.78, +0.3% (1w), +3.2% (YTD)
Oil(WTI Fut): 39.77, -7.4% (1w), -35.0% (YTD)

●米国株急落、日本の首相は菅氏でほぼ決定(金融日記 Weekly 2020/8/28-2020/9/4)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52177671.html

 アップルやテスラなどのハイテク株を中心に一本調子で上がり続けていた米国株式市場だが・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を抑えるため今週はこのコーナーをお休みします。

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

- アベノミクスのツケは将来世代の払う税金でなんとかなるものでしょうか

藤沢先生、数年ぶりの投稿になります。
以前は非モテでしょうがなかった私も、セックスに困ることはなくなりました。
それでも人と会う気力がないくらい仕事で疲れていると、ついつい無料エロ動画を見てオナニーしてしまうあたり人間の性欲は恐ろしいなと思いますが……。
さて、第435号のメルマガで伺いたいことがあります。
ポスト・アベノミクスのシナリオとして、

「じつは、この金融緩和や財政拡張の未来も、正反対のふたつの可能性があるのです。
 ひとつは、まともな政策で、将来世代がちゃんと税金を払ってツケを返す、という方法です。
 その場合、不景気とデフレになり、株安・円高になります。
 いまのところは、これがメインシナリオでしょう。」

とありますが、私の感覚ではこれは「メインシナリオ」ではなく、「あるべきシナリオ」でしかないと思います。
今回のコロナ禍でもわかる通り、日本は「国民に負担を強制する」ことが本当に苦手です。
消費税を数%上げるくらいでは済まないであろう「メインシナリオ」を強制するくらいなら、「インフレ税」で市場のせいにしてしまう方を政治家は選ぶのではないでしょうか。
今朝起きたらぎっくり腰になっており、オナニーもできず専門外のことを考えてしまいました。
今後の先生の研究結果を楽しみにしております。

- 藤沢数希の回答

これはやはりまともに将来世代の税金でツケが返される、政府債務の膨張が加速してコントロール不能になることなく、持続可能な規模が維持されていく、と考えることが妥当なのです。
というのも・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

あわせて読みたい

「香港」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  4. 4

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  7. 7

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  8. 8

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。