記事
  • ロイター

機械受注7月、予測上回る伸びも回復は緩慢 受注額水準低く


[東京 10日 ロイター] - 内閣府が10日に発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比6.3%増となった。ロイターの事前予測調査では前月比1.9%増と予想されており、結果はこれを上回った。ただ受注額は非常に低く、コロナ前の水準には程遠い。冬場の感染拡大への懸念もあり、設備投資の本格回復には慎重な見方も根強い。

製造業は同5.0%増、非製造業(除く船舶・電力)は3.4%増と共に増加した。

製造業でははん用・生産用機械、自動車・部品など2か月連続の増加を示す業種も目立ち、非製造業では運輸や金融・保険、建設業が増加。

国内民需以外では、外需が13.8%増と5カ月ぶりの増加となっている。

「受注底打ちの兆しが見られる」(バークレイズ証券・前田和馬氏)との見方も出てきた。

もっとも、船舶・電力を除いた民需の受注額水準は7513億円とまだ低く、コロナ前の8000億円台への回復には距離がある。前年比では 16.2%減2桁減となっている。

内閣府が先月公表している7-9月期の受注見通しも前期比減少の見通しとなっている。

内閣府は、機械受注の判断を、前月の「減少している」から「減少傾向にある」とやや修正した。

農林中金総合研究所・主席研究員の南武志氏は「世界経済は一部では感染再拡大も散見され、制限を再強化する動きや自粛ムードが強まるなど、順調に回復しているとは言い難い。さらに、冬場には感染再拡大が本格化するリスクも意識されており、企業業績は低調な状況が続く可能性が高い」とみており、年度下期にかけても設備投資は低調に推移すると予想している。

*情報を追加しました。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/juchu/menu_juchu.html

※過去の関連記事は[JPMORD=ECI]をダブルクリックしてご覧下さい。

(中川泉 編集:内田慎一 グラフ作成:田中志保)

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  8. 8

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  9. 9

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。