記事
  • ロイター
  • 2020年09月10日 09:05 (配信日時 09月10日 10:58)

機械受注7月、予測上回る伸びも回復は緩慢 受注額水準低く


[東京 10日 ロイター] - 内閣府が10日に発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比6.3%増となった。ロイターの事前予測調査では前月比1.9%増と予想されており、結果はこれを上回った。ただ受注額は非常に低く、コロナ前の水準には程遠い。冬場の感染拡大への懸念もあり、設備投資の本格回復には慎重な見方も根強い。

製造業は同5.0%増、非製造業(除く船舶・電力)は3.4%増と共に増加した。

製造業でははん用・生産用機械、自動車・部品など2か月連続の増加を示す業種も目立ち、非製造業では運輸や金融・保険、建設業が増加。

国内民需以外では、外需が13.8%増と5カ月ぶりの増加となっている。

「受注底打ちの兆しが見られる」(バークレイズ証券・前田和馬氏)との見方も出てきた。

もっとも、船舶・電力を除いた民需の受注額水準は7513億円とまだ低く、コロナ前の8000億円台への回復には距離がある。前年比では 16.2%減2桁減となっている。

内閣府が先月公表している7-9月期の受注見通しも前期比減少の見通しとなっている。

内閣府は、機械受注の判断を、前月の「減少している」から「減少傾向にある」とやや修正した。

農林中金総合研究所・主席研究員の南武志氏は「世界経済は一部では感染再拡大も散見され、制限を再強化する動きや自粛ムードが強まるなど、順調に回復しているとは言い難い。さらに、冬場には感染再拡大が本格化するリスクも意識されており、企業業績は低調な状況が続く可能性が高い」とみており、年度下期にかけても設備投資は低調に推移すると予想している。

*情報を追加しました。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/juchu/menu_juchu.html

※過去の関連記事は[JPMORD=ECI]をダブルクリックしてご覧下さい。

(中川泉 編集:内田慎一 グラフ作成:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  8. 8

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。