記事

「学校の新しい生活様式」をふまえた音楽の授業 歌やリコーダー、鍵盤ハーモニカは?

1/2

新型コロナウイルス感染症がなかなか収束しない中で、実技教科の授業をどう実施するかは、学校ごとに工夫しているのが現状です。とりわけ音楽の授業では、授業内容や取り組み方が大きく変わっています。飛沫(ひまつ)が飛びやすい歌やリコーダーも、「学校の新しい生活様式」を踏まえた上で、対策や工夫をしながら実施するヒントも見えてきました。


「歌唱」より「鑑賞」多くなる

教科書も発行する音楽出版社、音楽之友社の「教育音楽」編集部では、7月に「音楽科と新型コロナウイルス」のインターネット緊急アンケートを実施し、結果を公表しました。対象は、全国の学校で音楽の授業を教える教員で、637人が回答しました。
「現在行っている授業」について尋ねたところ(複数回答)、小学4年生では、多い順に「鑑賞」291人、「音楽づくり・創作」230人、「器楽」222人、「歌唱」194人となりました。中学1年生でも、「鑑賞」158人、「歌唱」110人、「音楽づくり・創作」90人、「器楽」67人となっています。他の学年を見ても、「歌唱」より「鑑賞」が多くなっていました。

自治体のガイドラインでも言及

これには、理由があります。文部科学省が示す衛生管理マニュアルでは、音楽の「室内で児童生徒が近距離で行う合唱及びリコーダーや鍵盤ハーモニカ等の管楽器演奏」は、感染症対策を講じても、なお感染のリスクが高い学習活動だと指摘されているからです。
調査でも、勤務する自治体の感染拡大防止のガイドラインに、歌唱や器楽に関する内容が「含まれている」との回答が87.3%を占めました。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。