記事

「学校の新しい生活様式」をふまえた音楽の授業 歌やリコーダー、鍵盤ハーモニカは?

1/2

新型コロナウイルス感染症がなかなか収束しない中で、実技教科の授業をどう実施するかは、学校ごとに工夫しているのが現状です。とりわけ音楽の授業では、授業内容や取り組み方が大きく変わっています。飛沫(ひまつ)が飛びやすい歌やリコーダーも、「学校の新しい生活様式」を踏まえた上で、対策や工夫をしながら実施するヒントも見えてきました。


「歌唱」より「鑑賞」多くなる

教科書も発行する音楽出版社、音楽之友社の「教育音楽」編集部では、7月に「音楽科と新型コロナウイルス」のインターネット緊急アンケートを実施し、結果を公表しました。対象は、全国の学校で音楽の授業を教える教員で、637人が回答しました。
「現在行っている授業」について尋ねたところ(複数回答)、小学4年生では、多い順に「鑑賞」291人、「音楽づくり・創作」230人、「器楽」222人、「歌唱」194人となりました。中学1年生でも、「鑑賞」158人、「歌唱」110人、「音楽づくり・創作」90人、「器楽」67人となっています。他の学年を見ても、「歌唱」より「鑑賞」が多くなっていました。

自治体のガイドラインでも言及

これには、理由があります。文部科学省が示す衛生管理マニュアルでは、音楽の「室内で児童生徒が近距離で行う合唱及びリコーダーや鍵盤ハーモニカ等の管楽器演奏」は、感染症対策を講じても、なお感染のリスクが高い学習活動だと指摘されているからです。
調査でも、勤務する自治体の感染拡大防止のガイドラインに、歌唱や器楽に関する内容が「含まれている」との回答が87.3%を占めました。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。