記事

道を切り開くのは自分たち。

自民党と同じく、代表選の最中にある枝野氏が、次のように述べたと伝えられている(産経)。

「政治家が自助と言ってはいけない。責任放棄だ」と述べた。枝野氏は「自助や共助ではどうにもならない時が人生にはある。政治の役割は公助だ。私たちとは明確に政治姿勢が違う」

ならばJ・F・Kに言うべきだろう。貴方のあの伝説の演説はお門違いだと。

私は国家主義者ではないので、国のために死ぬべきとも思わないし、国のために生きろという気もない。

それでも、ケネディの、あの有名な国家への貢献を呼びかけた言葉に続く、人類に対する気概と責任感に満ちた問い掛けこそ、今の日本に必要なのではないか。

「だから国民諸君よ。国家が諸君のために何ができるかを問わないで欲しい――諸君が国家のために何ができるのかを問うて欲しい。

世界の市民諸君よ。米国が諸君のために何ができるかを問うのではなく、我々が人類の自由のために共に何ができるのかを問うて欲しい。」

最後の手段として、公助=セーフティ・ネットを国が用意すべきは現代国家として当然。

だが、それが最初に来るべきものか?

逆にそこまで国に手取り足取りしてもらいたいのか?

自由こそ最も大切なものではないのか?

日本は社会主義国ではない。自分で道を切り開く、アニマル・スピリッツが蘇らない限り、日本の再生など夢のまた夢。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第3のビール値上がり 政府に怒り

    田中龍作

  9. 9

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。