記事

西麻布のクラブで女性を次々と…“大麻逮捕”伊勢谷友介は20年前からマークされていた 取材記者が明かす“売人の証言” - 中村 竜太郎

 大麻取締法違反の疑いで、警視庁に逮捕された伊勢谷友介容疑者(44)。実力派俳優として数々の作品に出演する傍ら、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいた伊勢谷容疑者の“薬物逮捕”に、驚きの声が広がっている。

【画像】伊勢谷との交際が報じられた、99年当時の広末涼子

 しかし、「週刊文春」の記者時代にASKAの薬物疑惑をスクープするなど、「芸能界と薬物」の裏事情に詳しいジャーナリストの中村竜太郎氏は、「伊勢谷の薬物疑惑は、実は20年前から浮上していた」という。中村氏が当時の取材現場を振り返る。

(構成:文春オンライン編集部)


伊勢谷友介容疑者 ©getty

◆◆◆

20年前の“薬物疑惑”取材

 今回、伊勢谷友介が大麻所持で逮捕されたと聞き、私も正直驚きました。ただ、それは「まさか、あの人が!」という驚きではなく、「えっ、まだやめてなかったの!」という驚きです。というのも、今から20年前、私はすでに伊勢谷の“薬物疑惑”についてかなり確度の高い情報を得て、彼の周辺を取材した経験があったからです。

 私が伊勢谷の名前を初めて知ったのは、当時、圧倒的なスターとして人気を博していた広末涼子の交際相手としてでした。

 2人の交際が報じられたのは、1999年のこと。その頃の伊勢谷は東京藝術大学の大学院に通いながら、一方でファッションモデルとしても活動しているという、言ってみれば“半分素人”の段階。それでもあのイケメンぶりで、すでに芸能界の女性が何人も群がってきていて、記者として「これは注目だ」と感じたのを覚えています。

 当時の伊勢谷はゴツいピアッシングをするような、今よりもかなりとんがった印象でした。そして私生活では、西麻布や六本木のダンスクラブに頻繁に出入りしていたんです。

西麻布の“薬の巣窟”に出入りしていた

 なかでも、伊勢谷がよく通っていた西麻布のX(仮名)は、関東連合や芸能人、モデルなどが入り乱れる店として知られていました。そこは、後に薬物で逮捕された有名芸能人も目撃されるなど、“薬の巣窟”という一面もあったんです。伊勢谷はそこで、広末と交際している最中でも次から次へと女性を引っ掛けては、“ポイ捨て”にしていると言われていました。

 そうした話を聞きつけて、私も西麻布界隈を取材したんです。

「伊勢谷は大麻をやっている」という証言

 すると、薬の売人や遊び人などから、「伊勢谷は大麻をやっている」という話が何度も上がってきました。当時の伊勢谷は、まだ芸能人としてはそこまで大物ではなかったので、彼らも軽い気持ちで名前を口にすることができたのかもしれません。

 私は「芸能界と薬物」についての取材を長く続けてきた記者なので、「◯◯が薬物をやっている」という証言が、ただの噂話に過ぎないのか、それとも確度の高い情報なのかは、経験上だいたいの見当がつきます。その感覚で振り返ってみても、やはり当時の疑惑は限りなくクロだった、と今でも考えています。

 ただ、取材していたのは私だけではなく、その頃は嗅覚の鋭い記者が何人か、同様に彼の薬物疑惑を追っていました。しかし、私たちはあくまで記者に過ぎず、警察のような捜査ができるわけではないので、結局は売人や周辺人物の証言以上の証拠が手に入らず、この話は“疑惑”のままで立ち消えになってしまったのです。

末端価格で12万円相当の大麻

 それからも伊勢谷の薬物疑惑は噂が立っては消え、立っては消えという状況を繰り返していたのですが、その後彼がNHKの大作ドラマに出演した際に、私は「もうやめたのかな」と思ったんです。2009年には『白洲次郎』、2010年と2015年には大河ドラマ(『龍馬伝』『花燃ゆ』)に、伊勢谷は出演していました。

 その頃、とある飲みの席で、私は冗談交じりに「伊勢谷を使って大丈夫なんですか? 薬物疑惑もあるのに」とNHKのドラマ関係者に聞いたことがあるのですが、そのとき相手は「そんなのただの噂でしょ」と答えたんです。そんなやり取りもあって、彼の薬物疑惑は時間とともに薄れてきた……というのが私の実感でした。

 ただ、今回の逮捕を受けて思うのは、20年前のあのとき、彼が本当に薬物をやっていたのであれば、その時点で捕まっておくべきだった、ということです。そこで逮捕されていれば、伊勢谷もここまでの常習者にはならなかったのではないでしょうか。彼の自宅からは、乾燥大麻を巻く“巻紙”が約500枚見つかったと報じられています。また、押収された大麻の量は20.3グラム。これは実に40回分に当たる量で、大麻は現在1グラム6000円と言われていますから、末端価格で12万円相当です。

 これがリビングのテーブルの引き出しに無造作に入っていたという状況から考えても、警察は間違いなく伊勢谷を「常習者中の常習者」と見ていると思います。おそらく本人としても、「タバコを吸うのと同じ」くらいの感覚だったのではないでしょうか。

芸能界の“薬物人脈”へ捜査の手は伸びるか?

 今後は、彼が大麻をどこから手に入れたのか、すなわち入手経路の解明が急がれるでしょう。その後は、彼がいつから薬物に手を染めたのか、そしてこれだけの大麻を所持していたのは本当に自分が使用するためだけだったのか、あるいは誰かに渡したり、売買するためだったのか――という点が捜査のポイントになっていくはずです。

 逮捕直後、彼は認否も保留していましたが、今では大麻の所持と使用を認めています。そこから先、彼がどこまで自供していくのかに注目が集まります。一つ考えられるのは、これから彼は弁護士と打ち合わせのもと、「大麻を使用しはじめたのは数年前」などと主張するのではないか、ということです。常習性を否定した方が裁判では有利なため、わざわざ「20年前から使用していました」とは言わない可能性が高いでしょう。

 ただ、日本は法治国家ですから、自らの罪は素直に認め、その罪に対して厳しく罰せられるほかに、彼が進む道はないと思います。

 また、ここから芸能界にさらなる捜査の手が広がっていくことも考えられます。以前、薬物で逮捕されたある常習者は、私の取材に対し「警察は忘れた頃にやって来る」と言っていました。おそらく今回、警察は最低でも半年前から伊勢谷の行動確認をして、間違いなく自宅にブツがあると確信できるところまで、用意周到に証拠をかためて家宅捜索に踏み込んだはずです。泳がせるだけ泳がせて、「忘れた頃にやって来る」。そんな新たな“大捕物”が、伊勢谷の逮捕を機に、また始まるのかもしれません。

(中村 竜太郎)

あわせて読みたい

「伊勢谷友介」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。