記事
  • ロイター

トランプ氏、意図的にコロナリスク軽視か 著名記者が内幕本で指摘


[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領が新型コロナウイルスの致死性や感染力を今年2月時点で認識していたにもかかわらず、混乱を回避するために国民に正しい情報を伝えていなかったことが、著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が新著「Rage(怒り)」のために行ったインタビューで明らかになった。

CNNが入手したインタビューの録音によると、トランプ氏は国家非常事態を宣言した数日後に当たる3月19日に行われたウッドワード氏とのインタビューで、新型コロナについて「私は常に事態が深刻でないように思わせたかった。今でもそうする方が良いと思っている。パニックを引き起こしたくないからだ」と発言。新型コロナが高齢者だけではなく、多くの若年層にも感染するという「驚愕の事実」が見つかったとも述べた。

CNNやワシントン・ポストによると、トランプ氏は2月7日に行われたインタビューで「新型コロナは空気感染する」と言及。「非常に用心しなければならず、かなり細心の注意を要する。活発なインフルエンザよりも致死性は高い」と語っていた。

このインタビューの1週間後、トランプ氏はホワイトハウスの記者会見で、米国の感染者数は「数日以内にゼロ近くまで減少する」と述べていた。

トランプ氏は9日、ホワイトハウスで「私はこの国のチアリーダーだ。国を愛しており、国民を怖がらせたくない」と述べ、「いかなる基準で見てもわれわれはうまく対応した」と強調した。

11月の米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領は同日、ミシガン州での講演で、トランプ大統領が新型コロナの致死性について故意にうそをついたことは「職務怠慢」であり、国民に対する裏切りだと非難した。

ホワイトハウスは、トランプ大統領が新型コロナについて意図的に米国民を欺いたとの指摘を否定。マクナニー大統領報道官は記者会見で「大統領がウイルスを軽視することは絶対にない。大統領は早期に対応策を講じていた」と強調した。

一部の共和党議員もトランプ大統領のコロナ対応を擁護し、リンゼー・グラム上院議員は「経済活動を停止したトランプ氏の行動は正しかった。当時の(トランプ氏の発言の)トーンは対応の正しさを物語っている」と述べた。

ウッドワード氏は9月15日に発売される新著の執筆に当たり、トランプ氏へのインタビューを18回実施したという。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  4. 4

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  9. 9

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。