記事
  • ロイター
  • 2020年09月10日 01:05 (配信日時 09月10日 04:08)

米、7月の求人件数は増加 自発的離職も拡大=雇用動態調査


[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が9日に発表した7月の雇用動態調査(JOLTS)によると、求人件数は前月比61万7000件増の661万8000件だった。急回復したものの、同月は職を求める失業者の数も高水準だった。

求人件数は新型コロナウイルスが感染拡大する以前の2月時点で700万件だった。

MUFGのクリス・ラプキー氏は「労働市場の回復は数カ月でなく、数年単位になるだろう」と指摘した。

内訳は小売りが17万2000件増、医療・社会福祉が14万6000人増、建設は9万人増だった。求人率は4.5%と、前月の4.2%から上昇した。

自発的な離職件数は34万4000件増の294万9000件。コロナ感染への恐れや育児問題が自発的な離職を促した可能性がある。内訳では小売りが15万2000件、専門職・企業サービスが9万8000件。州・地方政府の教育関連は3万5000件だった。

通常の状況下では雇用市場の信頼性を測る指標とされる離職率は、前月の1.9%から2.1%に上昇。

オックスフォード・エコノミクスのシニアエコノミスト、リディア・ブスール氏は、「新型コロナ流行時の離職者数の増加は、現在の労働市場の弱さを考えると、ウイルスへの恐怖や育児関連の問題を反映したものだろう」と述べた。

採用件数は前月から118万3000件減の578万7000件。宿泊・飲食サービスで59万9000件、医療・社会福祉で13万7000件それぞれ減少した。連邦政府の採用は主に国勢調査の採用増で3万3000件増えた。採用率は4.1%と、前月の5.1%から低下した。

レイオフ・解雇件数は前月から27万4000件減の172万1000件。レイオフ・解雇件数は1.4%から1.2%に低下した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  10. 10

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。