記事

《38歳横浜小4誘拐》おじさんはどこで少女と出会うのか? スマホゲームに潜む事件の“元凶”とは - 河村 鳴紘

 横浜市青葉区に住む9歳の女の子を2日半に渡り車で連れ回したとして、東京都葛飾区の38歳の男が未成年誘拐者の疑いで逮捕された事件が発生しました。そして2人の接点がオンラインゲームだったことがネットで話題になっています。ですが、オンラインゲームを使って未成年を誘拐する事件は、ここ数年頻発していることはご存じでしょうか。

【画像】この半年で実感したゲームならではの“効用”とは


9月5日、横浜・青葉署に入る大竹晃史容疑者 ©️共同通信社

くり返される「ゲームきっかけ」の誘拐

 今年7月、オンラインゲームで知りあった東京都内の小学生の女の子を呼び出したとして、東京都内の男子高校生(18)が未成年誘拐の疑いで逮捕されたと東京新聞が報じました。高校生はゲームのチャット機能などを使い「ゲーム機を買ってあげるから会おうよ」「セックスしよう」と誘っていたそうです。

 昨年の8月、オンラインゲームで知りあった兵庫県の女子高校生を自宅に連れ込んで泊めたとして、大阪府四條畷市の派遣社員(50)が未成年者誘拐の疑いで逮捕されたと産経新聞が報じました。

 同じ昨年の8月、オンラインゲーム「荒野行動」で知り合った石川県の少女を約2週間連れ回したとして、三重県鈴鹿市の会社員(33)が未成年者誘拐の疑いで逮捕されたと朝日新聞が報じました。男は、妻と2人の娘がいましたが別居状態で、昼は仕事に行き、少女は車の中などで過ごしたそうです。

 2018年9月、オンラインゲームで知り合った北海道釧路地方在住の10代女性を、川崎市の自宅に誘いだしたとして、川崎市多摩区の大学生(20)が未成年者誘拐の疑いで逮捕されたと読売新聞が報じました。

 オンラインゲームを使った未成年誘拐者事件は、近年に集中する傾向にありますが、古いものは2005年8月にありました。オンラインゲームで知り合った高知市の女子中学生を車で連れ回して暴力を振るったとして、住所不定(本籍・栃木県佐野市)の男(31)が未成年者誘拐と監禁致傷容疑で逮捕されたと高知新聞が報じています。

 他にも事例はありますが、なぜこんなことが起きるのでしょうか。目に付くのは、学生が学校から離れる夏休みあたりに、未成年の女性を年齢の離れた男が連れ出すという構図です。しかも分別の付く高校生も巻き込まれるケースもありました。

 オンラインゲームは、インターネットを介して多くのプレーヤーが遊び、その過程でチャット(会話)をします。キャラクターの設定では、外見や性別も自由に作れますし、協力プレーをすると当然仲良くなります。実世界では、大人が面識のない子供と仲良くなるのは至難ですが、オンラインゲームを悪用すれば、できてしまうことは、これまでの事件が証明しています。

「ゲームで親孝行ができた」

 一方、改めて思うこともあります。オンラインゲームは、ツール(道具)です。自動車の使い方を誤れば人をはね、包丁で命を奪えるように、使う人の意思で全く違う結果を生み出します。

 2017年に俳優の千葉雄大さん主演で放送され、人気になった「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」というテレビドラマがあります。「ファイナルファンタジー14」は人気のオンラインゲームで、同作を遊ぶマイディーさんのブログ「一撃確殺SS日記」(http://sumimarudan.blog7.fc2.com/blog-entry-2019.html)が元になっています。ゲーム好きの父に、息子が正体を隠して一緒にオンラインゲームをプレーするという内容です。

 マイディーさんはブログで「オンラインゲームというのは悪い事ばかりじゃないんだよ。考え方や受け取り方、活かし方で 人生においてこんなに素晴らしい物になるんだよ」と趣旨を明かしながら、父が生きているうちに親孝行できたことを喜んでいます。

 私も約15年前、オンラインゲーム「ファンタシースターオンライン」で、私が“キューピッド”になった経験があります。フレンド(ゲーム内の友達)と、いとこが実世界で結婚し、私は結婚式で祝辞を読まされました。このようにオンラインゲームがきっかけで、本当に結婚した例はさほど珍しくありません。

 今では、スマートフォンが普及し、老若男女が手軽にオンラインゲームを楽しめます。今回の事件の元になったのは、各社の報道から見る限り、スマートフォン用ゲームでしょう。そのスマホゲームは、国内だけで年間1兆円を稼ぎ出す超巨大市場でして、多くの雇用を生み出して経済を潤しています。新型コロナウイルスの感染拡大で自宅待機を強いられストレスがたまる中で、ゲームは多くの人を楽しませてくれました。世界的に大ヒットした「あつまれ どうぶつの森」もネットに接続でき、オンラインゲームにもなります。

 しかしオンラインゲームがツールである以上、「未成年を連れ出そう」という悪意を持つ人がいる限り、同様の事件が今後も起こる可能性はあります。対策としてオンラインゲームを全面禁止にしたとしても、「出会い系」を目的にしたチャットアプリなどもあるわけです。突き詰めると、インターネットがある限り、同種の事件は起こりうる……という結論にしかなりません。

 未成年の誘拐を阻止したり、少しでも減らす方策はないでしょうか。

個人情報登録にも限界がある

 ひとつは、オンラインゲーム側の対策でしょう。プレーヤーの個人情報をより厳格に登録させたり、さまざまな技術を駆使して、個人情報や実世界で会おうとするようなやり取りを検出することです。それらの施策を告知して、誘拐犯の意図をくじけさせることも含めてです。

 ただし、コストやビジネスモデルの限界、技術の問題もあります。年齢差のあるプレーヤー同士のチャットをさせないのは、一定の効果もあるかもしれません。しかし親子や、年齢差のある知り合い同士も一緒に遊べなくなります。そもそも、何歳差ならチャットがNGになるのかも判然としません。

 「小学生は小学生だけで遊ぶ」などのアイデアもありますが、オンラインゲームやスマホゲームの面白さが削がれ、ビジネスとして死んでしまう可能性もあります。ゲームをプレーする年齢制限を設けても、女子高生が連れ去られた例があります。18歳以上にしても、大人の女性がだまされて連れ出され、犯人から「親を殺す」などと脅迫されるケースであれば、防ぎようがありません。

 ゲーム会社がやるべきことはあるでしょうが、すべてをゲーム会社に背負わせるのは無理があります。繰り返しますが、インターネットという技術そのものが「他人の連れ去り」を可能にしているからです。そもそも、どんな堅固なシステムを作っても、犯罪者はそれを潜り抜けるために努力をするでしょう。

 結局のところは、子供を含めて大人も、ネットリテラシー(知識)を向上させ、自らを守るしかありません。現実世界でも知らない人についていくと、事件に巻き込まれる可能性があるのだから、しつこく言い含めるしかありません。子供がオンラインゲームやネットにどう触れていて、どういう考えを持っているか。日ごろから家族で話し合うことが最大の対策ではないでしょうか。

 多忙な親からすると面倒なことですが、法や行政を当てにしても、子供をネットの危険からすぐに遠ざけられるわけでもありません。何よりネットは社会のインフラですから、子供から遠ざけても子供の将来を閉ざすことになりかねません。

 “元凶”は、ツールであるゲームやネットではありません。未成年を狙う「悪意のある者」こそ“元凶”なのですから。

(河村 鳴紘)

あわせて読みたい

「誘拐」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  5. 5

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  6. 6

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  7. 7

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  10. 10

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。