記事

追悼デヴィッド・グレーバー:コロナ以降の新しい世界を想像するために

1/2
Getty Images

去る2020年9月2日、アメリカの文化人類学者デヴィッド・グレーバーが急逝した。59歳の若さであった。今年、日本でも4月に『民主主義の非西洋起源について:「あいだ」の空間の民主主義』(以文社)、7月に『ブルシット・ジョブ──クソどうでもいい仕事の理論』(岩波書店)と2冊の著作が続けて刊行され、ついに彼の仕事が広く評価されるタイミングが訪れたかと期待した矢先の残念なできごとだった。

『負債論』(以文社/原著は2011年発表)で一躍話題となったグレーバーは、リーマンショック後に起こった「ウォール街占拠」運動で指導的な役割を果たした人物でもある。彼は8月29日にSNSへ動画を投稿し「体調が万全ではないのですが……」と語っていたが、そこからほんの数日後の思いもよらない知らせに「人はこのようにあっけなく命を落としてしまうものか」と驚きを禁じ得なかった。現在最注目であった思想家の死は惜しみきれない。今回はグレーバーを追悼しつつ、彼の思想がいまの日本社会でどのような意味を持つのか、彼の著作の一部を紹介しながら記事を進めていきたい。

『負債論』が描き出したお互いを尊重する生き方

グレーバーの著作はどれも、日常で生まれた疑問や発見をベースに書かれている。彼の本がいきいきと読者に訴えかけてくるのは、執筆の動機がパーソナルな経験から始まっているためだ。だからこそ、資本主義や官僚制といった大きな問題を扱ってもあまり抽象的にならず、地に足の着いた読後感がある。

彼が『負債論』を書いたきっかけのひとつは、パーティーで出会ったとある人物から言われた「ともかく借りたお金は返さないと」の言葉だったという。借りることは自業自得であり、返せなければ相応の罰を与えられても仕方がないという考え方。かつて学生ローンの返済で苦労した経験のあるグレーバーは、この断定的な言葉に反発を覚えたのだが、うまく反論ができなかった。

その後、彼は人類学者としての知識を総動員し、5000年にわたる人類の歴史をふりかえりながら、かつての共同体や古い社会で「貸し借り」はどのように行われていたかを1冊の本にまとめた。人類学の視点から見て、借りを返さないことは本当に罪であり、不名誉なことなのだろうか。

『負債論』は、人と人がコミュニケーションする上で避けて通れない「貸し借り」をテーマに歴史をたどり、新自由主義の弊害や貧富の差といった現代の問題へたどり着く。そこでグレーバーは「人はみな必ず、周囲から多くのものを借りながら生きていて、それらをすべて返そうと考えるのは間違っているのだから、少しずつ借りたり、返したりを繰りかえしていけばいい」と、胸のすくような視点から読者を勇気づけるのだ。

どのようにふるまえば、他人との関係をよりよく保ち、お互いを人間として尊重しながら生きていけるかが『負債論』のテーマだ。人を金融商品のように扱ってはならない、と論じるこの本に、数多くの読者が快哉を叫んだのではないか。

市民が政治や社会に抗議を示すヒント

グレーバーがリーマンショック後に「ウォール街を占拠せよ」運動へ参加していたことは先述したが、公園にキャンプを設営して泊まり込む、デモ行進をするといった直接行動の経験は『デモクラシー・プロジェクト:オキュパイ運動・直接民主主義・集合的想像力』(航思社)を書くきっかけとなった。

「ウォール街を占拠せよ」運動は、無責任な経営で経済を破壊した銀行を税金で救済し、1%の富裕層を優遇する一方、貧しい人びとには無策だった政府への批判として始まった。『デモクラシー・プロジェクト』は、市民が政治や社会に対していかに抗議の態度を示すべきか、その試行錯誤の記録でもある。日本でも今年、SNS上での抗議運動が現実の政治を動かしたことが何度もあり、「どのように声をあげればいいか」「具体的にどう行動すべきか」は切実な問題になっていると思う。

「平等とは、多種多様な価値を求めるのに必要な資源を平等に利用できるよう保障すること」というグレーバーの言葉は、コロナ以降に必要となる給付金や公的支援制度を考える上でも重い意味を持つはずだ。

Getty Images

意外な着眼点の本に『官僚制のユートピア テクノロジー、構造的愚かさ、リベラリズムの鉄則』(以文社)がある。この本は、グレーバーの母親が亡くなり、その後に彼が経験した役所での手続きがあまりにも煩雑だったことに端を発して書かれた。膨大な提出書類、難解な手順、問い合わせるごとに変わる回答、不備による書類返却の連続。

いつ終わるとも知れない申請作業の堂々巡りに巻き込まれたグレーバー。こうした非効率、実は日本人の我々にも心当たりがある問題だ。今年行われた10万円の特別定額給付の申請書類にあった「受給を希望しない」のチェック欄を覚えているだろうか。なぜあのように無意味な欄があるのか。若干の悪意すら感じるチェック欄の不可解さこそ、グレーバーが『官僚制のユートピア』で突き止めようとしたものである。

アメリカだけではなく、日本もまた特有の非効率を温存している。コロナで浮上したいくつかの問題、たとえばインターネットで給付申請をするより郵送の方が早かった、いまだにファックスで情報をやり取りしているなどの混乱を考える上でもヒントが得られる書物だ。

あわせて読みたい

「社会運動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  5. 5

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  6. 6

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。