記事
  • ロイター

米共和党の上院議員、ソーシャルメディアの免責見直し法案を提出


[ワシントン 8日 ロイター] - 米上院共和党の3人の有力議員は8日、ユーザーの投稿内容に関してソーシャルメディア企業の法的責任を免除する米通信品位法230条の見直しに向けた法案を提出した。

3人はロジャー・ウィッカー商業科学運輸委員長、リンゼー・グラム司法委員長、両委員会のメンバーであるマーシャ・ブラックバーン議員。「オンラインの自由と視点の多様性法案」と名付けられた。

米通信品位法230条は、ソーシャルメディア企業に対し、掲載する投稿の内容や、問題投稿を制限する決定について、法的な責任を免除している。議員の間では見直しを求める声が強まっている。

ウィッカー氏は声明で「あまりにも長い間、ソーシャルメディア企業による自らの信条に基づくコンテンツ検閲が230条で守られてきた」と主張。

グラム氏は、ソーシャルメディア企業は日常的に、まっとうな政治的言説と見なされているコンテンツを検閲していると批判した。

トランプ大統領はこの日のツイッターへの投稿で、上院共和党トップのマコネル院内総務に対し、ソーシャルメディアの免責を撤廃するよう求めた。

モスクワの赤の広場の衛兵にマコネル氏の顔を合成した写真を指し、「ツイッターはこのようないんちきな写真は掲載したままにするのに、本物の共和党/保守派の写真や声明を削除するのか?マコネル氏は反撃し、230条を直ちに廃止するべきだ」と訴えた。

トランプ大統領は5月末、230条を撤廃するか効力を弱める法律を導入すると表明し、大統領令に署名。

ツイッターが、トランプ氏のツイートにファクトチェック(真偽確認)を促す警告マークを表示したことが背景にあるとみられる。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  9. 9

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。