記事

現役医師「感染者ゼロを前提にすると、新型コロナは終わらない」

1/3

「数百人が感染」と聞いても動じなくなった日本国民

街に買い物に出ても東京は、ほぼ依然と同じ状況になってきています。まだ閑散としている時間帯もありますが、ほぼ回復したと見て良いと思います。

東京都の新規感染者数は2桁になることも出てきました。あれだけ数百人で騒いでいたのですから収束したと考えてホッとするのが普通です。

アルコール消毒液を使用する子供の手元
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/show999

ところがニュースを見てみると、「新型コロナ第2波の流行 感染状況の最新データが明らかに」(2020年8月24日NHK)、「大分市で新たに4人の感染確認 中学教員2人と80代の女性2人新型コロナ」(2020年8月21日大分合同新聞)と報道が続いています。

また「新型コロナ第2波の流行 感染状況の最新データが明らかに」(2020年8月24日NHKニュース)では、「現在の感染状況について流行はピークに達してはいるものの、このあと減少するかどうかは現時点では分からず、感染の再拡大への警戒が必要な状況」とのこと。

そういった報道があっても、私たちはあまり感情を動かされなくなりました。日本の人々は、ラジカルな行動もとらず冷静に論理的に出来事を理解して現実的な生活を取り戻しました。私は、日本は教育レベルが高く国民が自分で考える能力のレベルが高いのだと思います。素晴らしいことです。

「位相変化」が起きている

第2波、第3波という言葉は耳にしても、位相変化あるいは局面変化(フェーズチェンジ)が起きていることを指摘する人はほとんどいません。位相変化は、水が氷に変化するように、様相がガラッとかわることです。

これは、新型コロナウイルスの新規発症者と回復者の図です(※1)。

【図表】New Cases vs. New Recoveries
図版作成=大和田潔 出典=Worldometer Japan coronavirus - 図版作成=大和田潔

この図は2つに分かれることがわかります。

6月2日を境として、パターンAとパターンBに分かれます。

☆パターンA 新規発症者の波が過ぎその後に回復者の波がくる形
☆パターンB 新規発症者とほぼ同数が同時に回復する形

パターンAとパターンBに分かれる新規発症者と回復者の図表
図版作成=大和田潔 左がパターンA、右がパターンB(出典=Worldometer Japan coronavirus) - 図版作成=大和田潔

という2つの形です。パターンBも、わずかに発症者のピークが先立っていますがパターンAほどはっきりした二峰性ではありません。新規発症者が激減した後、増える時期がたまにやってくることを繰り返す季節性のパターンCに移行していくことでしょう。

全国的に蔓延し、免疫を獲得している状態

新しい感染症がやってくると、だいたい同じ形になります。人々に免疫がない間は、ウイルスにやられっぱなしで感染者だけが激増します。その後、新型コロナウイルスのように致死性でない弱毒ウイルスの場合は回復者が増加します。

その後、多数の人に蔓延していきます。この際、1カ所から他の場所に飛び火するように感染拡大をしていく時には、免疫のない人に大流行を繰り返すのでパターンAを繰り返すことになります。

ところが日本では、そうなりませんでした。数万人の死亡者が出る予定であると喧伝された第2波は、壮大に空振りしました。じんわりと感染しては、ほぼ同数が回復することが3カ月以上続いています。総数の増加は、PCR検査数の増大に過ぎないので感染形態としては同じことが続いています。

何がおきているのでしょう? 私は、答えは一つしかないと思っています。すでに偏りなく全国に広く蔓延しているうえに、あまり重症化することなく多くの人がどんどん新型コロナウイルスに感染回復を繰り返し免疫を獲得していっているということです。

私は6月上旬に入り、全国の感冒ウイルスとしての蔓延パターンBに入ったことを認識し、「旅に出よう」というコラム(※2)にしました。今でも正解だったと思います。ノーガード戦法のブラジルも、現在この状況であり流行は収束に向かっています。

「PCR大量検査」は貴重なモデルとなるかもしれない

そのような状況ですが「世田谷区の保育士ら2万人、一斉PCR検査へ…症状の有無問わず」(2020年8月24日読売新聞)と、無症状の保育士さん2万人にPCRを実施するまでに状況は加熱しています。たぶんPCR陰性であることを証明して、不安なお母さまを安心させたいと思っているのではないかと予想します。

1日に3000件PCRができるので「いつでも、どこでも、何度でも受けられる『世田谷モデル』を目指す」とのことです。多額の費用をかけた、蔓延期に入っているときの大規模掘り起こし検査の、貴重なモデルとなります。予算と人員が組める地域でしか行えない贅沢なものだと思います。

冬季になり他のカゼ症状が流行しても、希望者全員にPCRを行い続ける予定のようです。コロナウイルスと症状のよく似たインフルエンザは、毎年日本全体で数百万人発症します(※3)ので、ある程度の振り分けなど交通整理は必須だと思います。

私は、どんなことでもチャレンジすれば何らかの結果が得られるので未来の糧となると思っています。

PCR検査は他人への感染力を反映しない

一方でポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査は、不完全な検査であることを認識しておくべきだと思います。

私たち医療者や基礎研究をしている人々には、PCRはなじみ深い作業の一つです。私も難病の遺伝子をPCRで増やしたり細胞内に遺伝子を打ち込み発現させる実験を手伝っていました。PCRは、わずかな目的とする遺伝子を専用の「鋳型」を使って大量に複製する技術です。

鋳型に合う遺伝子があれば、複製を大量に得ることができます。こちら(※4)にわかりやすい解説が掲載されています。少量の遺伝子をたくさん複製するには画期的な技術です。

鋳型に合う遺伝子が検体に存在するか否かが、複製の有無につながります。元が1つでも1万でも速度が違うだけで複製可否のどちらかの結果になります。

そのため場合によっては、その人が完治してウイルスの完全体はいなくても鋳型に合うカケラがあればPCR陽性になります。また、数個のウイルスを吸い込んだ直後で体内に入らず一時的に付着していただけでもPCR陽性となります。

PCR検査は「ウイルスの遺伝子の有無だけ」のチェックなので他者への感染力とは、全く関係ありません。PCR陽性の人の周りの濃厚接触者が陰性の人ばかりというのは、そういうことを意味します。

また、遺伝子増幅のための時間が必ず必要になります。増幅回数の条件によって、結果が異なってくることも問題です。PCRの作業の詳細がどのようなものか、基準が一緒なのか、明らかにされていません。

もともとPCRは遺伝子増幅が目的の技術であり、たくさんの方を感染防御するという面からは非常に使い勝手の悪い検査の一つです。人間は、蟷螂(とうろう)の斧(※5)しかもっていないことに謙虚になるべきです。PCR検査をたくさん行えば、安全性が増すと信じている人が多くいますが幻です。

「検査」それ自体が人間を不安にする

日本では冬に流行するインフルエンザの多くが2009年に新型として流行したA(H1N1)pdm09型インフルエンザによるものです。流行当初、感染者が隔離され学校は休校となり、個人の通勤通学経路も報道されたりしました。

ところで、日本で冬季に流行するインフルエンザは何処からやってくるのでしょう? 私たちは、流行していない夏や秋はインフルエンザを忘れています。

答えは、外から持ち込まれたり日本国内に保有され続けている無発症者が、「常にクラスターを繰り返しているから」です。毎冬1000万人がかかりますが、春夏秋冬通年で国内にウイルスは存在し続けています。メディアが騒がず、私たちが興味を持たされていないだけです。

夏の今、全国でコロナでなくA(H1N1)pdm09型インフルエンザの大規模PCRを行えば陽性の人が見つかるでしょう。他の無症状の多数のウイルスたちにいたっては、興味も持たれず調査すらなされません。意味もあまりないからです。

「新型インフルエンザと従来型の季節性インフルエンザを、PCR検査を積極的に行って分けて対応すべき」と専門者が声高に主張されていました。当時、季節性インフルと新型インフルは混ざって流行っていました。季節性の方が重症の事もよくあり、症状からの鑑別は不可能でした。私は、大混乱がおきて保健所職員さんなどの現場の担当者が疲弊するだけなので、希望者の大量検査はやめた方が良いことをつづりました(※6)。

人間は、検査をして陰性でも安心するどころか、より不安になるものです。「検査しなくてはいけない感染症が流行っている」と認識することが、不安を生むという悪循環になります。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  4. 4

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  5. 5

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  6. 6

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢最終回 1番盛り上がった瞬間

    Ledge.ai

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。