記事
  • ロイター

米サイバー対策トップが自信 「選挙システムに侵入兆候なし」


[サンフランシスコ 8日 ロイター] - 米サイバーセキュリティー・インフラセキュリティー庁(CISA)のクレブス長官は8日、これまでのところ選挙で使用するコンピューターシステムに不正侵入の兆候はないと述べた。

事前収録された動画がビリントン・サイバーセキュリティー・サミットで紹介された。

これより数週間前、オブライエン大統領補佐官が、11月3日の大統領選を前に中国政府関連のハッカーがインフラを狙っていると発言している。これについて、CISAのスポークスマンは、クレブス氏とオブライエン氏の見解に相違があるのか、明確にしなかった。

クレブス氏は、州や地方の選挙で自分自身とCISAがセキュリティー上の問題や登録データのバックアップなどを支援してきたことに言及。

地方の当局者が問題をすぐに報告することが最も重要とした上で、これまでの報告で厄介なものはなく、どの選挙も変更の必要はないと述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。