記事

森口騒動追加

1つ前のエントリーの続きです。
なぜ今回のiPS細胞関係以外の論文が2012年のScientific Report誌(下図)に載っていたのかと思っていたのですが、森口氏が「特任研究員」として雇用されている研究プロジェクトが「医工連携による磁場下過冷却(細胞)臓器凍結保存技術開発と臨床応用を目指した国際共同研究」という最先端・次世代研究開発支援プログラムであったことを確認して納得しました。

先端研究助成基金助成金(最先端・次世代研究開発支援プログラム)実施状況報告書(平成22年度)(PDF)
画像を見る
が、この平成22年度報告書に書かれているNature Protocol, 2010という論文が見つかりません……(著者が誰なのかも不明。また報告書には研究員である森口氏の論文が挙がっていないのはプロジェクトとあまり関係が無いといえばそうですが、本来、研究員はそのプロジェクトに対する専念義務があるはずです)。

で、現状の「研究費の報告書」システムでは、虚偽があってもそれをチェックする機構が無いことに気づきました。
これまでは、このような報告書は監督官庁で保存されているだけであったと思いますが、現在は誰でも閲覧できるようになったことは、透明性や知の共有という意味で大きな進歩です。
もう一歩進んで、業績は受理されてオンライン掲載されたもののみリンク先埋め込みで報告書掲載、というシステムにでもすれば良いのでしょうか……。
でも、リンク先が(まだ)無い論文についてin pressとして書くのを認めないとなると、タイミングによっては辛いでしょうね。
99%(あるいはそれ以上)の研究者は虚偽の業績を報告書に載せることは無いと信じていますが、こういうことがあると研究者全体の評価が下がるのではないかと危惧します。
またごく少数の悪を取り締まるために「管理」を強めることは、誰にとっても建設的ではありません。
(日本の「キセル取締り」が諸外国のやり方に比して非合理的であることを考えて頂けば良いと思います)

あわせて読みたい

「メディア・リテラシー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。