記事

新型コロナ対策の予備費の内容は、しっかり明らかにされるべき

第二次補正予算の中で措置されていた10兆円の「予備費」。その使い途が「政府の勝手」となってはなりません。

今日、6714億円の予備費支出に関して、閣議決定が行われ、衆議院予算委員会理事懇談会において内容の説明がありました。理事懇談会において、私から確認のための質問を行いました。

この6714億円は新型コロナウイルスのワクチン購入のためのものとの説明でした。

国民の皆さんがおそらく最も関心を持たれるのは、いつワクチンが使えるようになるのか、またそのワクチンは本当に効くのか、そしてワクチンを打つためにいくら払わなければならないのか、ということでしょう。

これらに関して今日政府に対して質問しましたが、どれも「まだ明らかにはなっていません、まだ交渉中ですので言えません、検討中です」などと、いずれも明確な回答はありませんでした。

残念です。これだけ大きな予算を使う政府決定なのですから、当然これらは明らかにされるべきです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。