記事
  • ロイター

米共和、3000億ドルの追加コロナ対策提示へ 民主は不十分と反発


[ワシントン/シカゴ 8日 ロイター] - 米議会上院で過半数を握る共和党が8日に提示する追加の新型コロナウイルス経済対策法案の規模が約3000億ドルになることが議員側近の話で明らかになった。民主党はこの規模では十分でないと反発している。

側近によると、3月に成立した「コロナウイルス支援・救済・経済保障法」(CARES法)の未使用部分が充てられるほか、11月の大統領選挙の郵便投票で業務の大幅増が予想されている米郵政公社(USPS)に対する100億ドルの支援が盛り込まれている。

ただ、新型ウイルス感染拡大で甚大な影響を受けている航空会社と空港運営会社に対する新たな支援は盛り込まれていない。

民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院議長は声明で「議会共和党はまたもや問題の解決につながらない法案を提出するもようだ」とし、「この法案には多くのポイズンピル(毒薬条項)が含まれており、民主党が絶対にこれを支持しないことを共和党も承知している」とした。

追加的な新型ウイルス対策法案を巡る民主党とホワイトハウスの協議は8月に決裂。ただペロシ氏は法案の規模を1兆ドル程度縮小させる妥協案を提示していた。

上院共和党トップのマコネル院内総務はこの日の朝、同党が過半数を握る上院でこの日のうちに追加の新型コロナウイルス経済対策法案が提出され、週内にも採決が行われると明らかにしていた。

マコネル氏は声明で、追加対策法案は民主党が多数を占める下院を通過した法案よりも規模がはるかに小さくなるとし、「最も緊急的な対応が必要なヘルスケア、教育、経済関連の問題」などへの対応に焦点を当てると説明。「共和党が求める全ての案が盛り込まれるわけではない。民主党も同様に感じると思う。しかし、両党の深刻な意見の相違が同意可能な部分で障害になるべきではない」と述べた。

法案を巡っては共和党内でも意見が分かれており、上院議員53人の多数は追加のコロナ対策法案に反対。一方、一部はマコネル院内総務が推す小規模な対策を支持している。

これに先立ちメドウズ大統領首席補佐官は、11月3日の大統領選挙前の新型ウイルス追加対策の策定を望むとしながらも、議会民主党との協議で進展が見られていないことを示唆した。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。