記事

菅氏は安倍総理の絶賛に21% 石破氏は自らの信条に42% 3候補者の演説を分析すると…

1/2

安倍晋三首相の後任を決める自民党総裁選が告示された8日、立候補者が自身の考えを述べる「所信発表演説会」が開かれ、石破茂元幹事長(63)、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)=届け出順=の3氏が登壇した。それぞれ20分ほどの演説内容を分析すると、安倍政権の継承への賛否や新型コロナウイルスへの対応、さらには憲法改正の是非など、立候補者のカラーが浮かび上がった。

関連記事:「【全文】 自民党総裁選に向け石破氏、菅氏、岸田氏が所見発表演説 3氏が描く日本のビジョンを語る

第2次安倍政権で幹事長を務めた菅氏、政調会長の岸田氏はそれぞれ21%、12%もの時間を割いて、アベノミクスなどを安倍政権の実績としてPRした一方、政権とは距離を置き続けた石破氏は直接的な評価は避けた。

また、新型コロナ対策などには具体的な政策が打ち出されたものの、来年度の開催が予定される東京五輪・パラリンピックの方針や、発生から10年を迎える東京電力福島第1原発事故の対応などについてはほとんど言及されなかった。



20分強の講演 石破氏は42%を自身の信条に

分析対象は、8日の所見発表演説会での3氏の発言内容について、テーマごとに費やした時間を独自に測った上で割合を出した(小数点以下は四捨五入)。発言時間は石破氏が20分20秒、菅氏が18分45秒、岸田氏が21分6秒だった。

最初に登壇した石破氏は全体の42%の時間を<政治家としての信条や実績>に割いた。軍事に精通したイメージとは異なる平和への思いを語りかけた。

石破氏は、「時代認識について申し上げます」と断った上で、1914年からの第一次世界大戦や、世界恐慌、45年に終戦を迎える第二次世界大戦を挙げ、「我々は、戦争を絶対に起こしてはならない」と強調。

さらに、軍部を中心に戦争へと突き進んでしまった戦前を振り返り、「個の利益を全体の利益に優先した時、国は悲劇の道を歩む。そのようなことを、決して繰り返してはならない」と呼び掛けるなど、非戦への思いを示した。

菅氏は地方、岸田氏は国民の声を重視

続く菅氏は、<政治家としての信条や実績>に29%を費やした。自身の生涯を振り返りつつ地方活性化への思いに触れ、さらに、政治家としての実績もPRした。

町工場で2年働いてから大学に進学したことや、38歳で横浜市議選に初当選して政治家としての道を歩み始めたことを紹介。「市民の声に応えていくには地方分権を進めていかなければならない。そうした思いで国政を目指した」と47歳での国政転身への思いを振り返った。

自らの目指す社会像については、自らのキャッチフレーズとなりつつある“自助・共助・公助”に加え、“絆”の言葉を用いた。

自民党総裁選に立候補した岸田文雄氏、菅義偉氏、石破茂氏(左から)=AP

最後に登壇した岸田氏は、具体的な政策の紹介に時間を割き、<政治家としての信条や実績>は17%と、他の2人より少なかった。

岸田氏は、自民党が民主党(当時)に大敗した第45回衆院選(2009年)を振り返り、自民党が国民の声に直接向き合う姿勢に転換したと指摘。「さまざまな悩みが、声が日本中にあふれています」と語って、国民の声を政治に反映させる重要性を説いた。

また、大学受験で三回不合格となったことなど自らの失敗エピソードを明かし、「チームに参加する、協力してくれる人の心がわかるようになった」と政治家としての心構えを語った。

岸田文雄氏=BLOGOS編集部

菅、岸田氏は安倍政権を高く評価 石破氏は言及せず

3氏のスタンスの違いが最も明確に浮かび上がったのが、7年8ヶ月に及んだ第2次安倍政権への評価だ。政権批判をもいとわない石破氏は今回の演説では直接的に評価を下さなかった一方、政権幹部として安倍首相を補佐した菅、岸田の両氏は、十分な時間を割いて安倍政権の実績をPRした。

菅氏は演説の冒頭、「安倍晋三総裁に対し、この場をお借りし心からの敬意を表すると同時に、その卓越した指導力と判断力にあらためて最大限の賛辞を送る」と述べた。さらに、コロナ感染や災害による犠牲者を見舞う言葉に続いて、再び安倍政権下での内閣官房長官としての職を振り返り、「安倍総理が進めてきた取り組みをしっかり継承し、さらに前に進めたい」と安倍政権を継承する考えを明確に示した。

菅氏の場合、安倍政権の評価や継承に関する発言は全体の5分の1を占めた。



岸田氏もスタンスは菅氏と同様だ。冒頭の「卓越した指導力と判断力にあらためて最大限の賛辞」との文言は菅氏と完全に重複したほか、「内閣総理大臣として7年8ヶ月にわたって重責を担われ、今日の礎を築いた」と評した。さらに、演説中盤にはイギリスの経済誌の評価を引用し、「数々の輝かしいレガシーを残された」と絶賛。安倍政権の方針を継承する考えを見せた。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。