記事
  • ロイター

拘束中のベラルーシ野党指導者、国外追放逃れる 旅券破り捨て


[キエフ 8日 ロイター] - ベラルーシの首都ミンスクで何者かに拘束され、行方が分からなくなっていた反体制派幹部のマリア・コレスニコワ氏が、国境付近に連行されて出国を迫られたものの、同氏がパスポートを破り捨てて国外追放を逃れたことが分かった。

コレスニコワ氏とともに拘束されていた反体制派幹部2人が、ウクライナの首都キエフで記者会見を開き、明らかにした。

それによると、2人はベラルーシ当局に拘束された後、国境付近でコレスニコワ氏と合流。3人は車で出国するよう命じられたが、「コレスニコワ氏が車中で自分のパスポートを見つけると、それを粉々に破って窓の外に投げ捨ててしまった。それから自らも窓から外に抜け出し、そのままベラルーシの国境に向かって歩いて行き、そこで再び拘束された」という。

ウクライナのゲラシュチェンコ副内務相はフェイスブックに、ベラルーシ当局がコレスニコワ氏を国外へ追放しようとしたが、同氏がこれを阻んだと投稿。コレスニコワ氏はベラルーシ領内にとどまっているとし、「同氏の命と健康はルカシェンコ・ベラルーシ大統領が責任を負っている」と指摘した。

ベラルーシの国境管理官はロイターの電話取材に「コレスニコワ氏は拘束されている」と述べたが場所は明らかにしなかった。

こうした中、ルカシェンコ大統領はロシアの記者団に対し、再選挙を実施する可能性を排除しないものの、自分が国家を災いに導いていると批判する反対派とはいかなる話し合いも行わないと述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  10. 10

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。