記事
  • ロイター
  • 2020年09月08日 17:50 (配信日時 09月09日 03:01)

独首相、パイプライン計画停止に消極姿勢 対ロ制裁で


[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は8日、ロシアの反体制指導者の毒殺未遂疑惑を巡る制裁措置の一環として、建設中の独ロの天然ガスパイプライン計画を停止することに消極姿勢を示した。

ロシアの反体制指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は8月、ロシア国内で意識不明の重体となり、現在ベルリンの病院で治療を受けている。独政府は今月2日、同氏に神経剤「ノビチョク」が使用されたと「疑いのない証拠」が得られたと表明。現在、ロシアが真相解明に協力しなかった場合の対応について、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)と協議している。

対応の焦点となっているのが、ロシア産天然ガスをドイツに直送する海底パイプライン「ノルドストリーム2」。建設作業の90%以上はすでに終えており、来年の稼働開始を予定している。稼働開始後は、すでに稼働している「ノルドストリーム1」のガス輸送能力が倍増する。

メルケル首相は自身が率いる保守陣営の会合で、ナワリヌイ氏に対する襲撃にEUとして対応する必要があると改めて強調。ただ、EUレベルでナワリヌイ氏に対する襲撃とガスパイプラインの停止を結びつけるのは難しいとし、ノルドストリーム2を制裁対象とすることに慎重な姿勢を示した。

これに先立ちアルトマイヤー経済相は7日夜、ナワリヌイ氏毒殺未遂を巡り、ロシアへの制裁の効果に懐疑的な見方を表明。ドイツの公共放送ARDの番組で、ロシアに対して将来的に制裁を科す可能性は排除しなかったものの、対話のチャンネルを維持するほうがより効果的な場合もあるとし、「ロシアのような国が過去に制裁によって行動を変えた例を知らない」と述べた。

独産業界団体幹部のミハエル・ハルムス氏は8日、公共ラジオ放送ドイチェランドフンクに、ノルドストリーム2計画を停止するのは法的にほぼ不可能との見方を示した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。