記事

ひとり暮らしでも大丈夫。介護保険制度がある今はお家で最期を迎えられます -「賢人論。」第120回(後編)小笠原文雄氏

2/2

そこで私が奥さんの様子を見にいくと、特別変わった様子はありませんでしたが、私にも「昨日、夫が迎えにきました」と言いました。「ああ、そうなの。それじゃあ、一緒に逝くの?」と聞いてみると、奥さんはにっこり笑って、こう言いました。「先生、西方浄土って広いんですね~。主人ったら私を25年間もひとりでほったらかしにして旅を続けていたんですよ。迎えに来るのが遅すぎます。あんまり悔しいので、夫を3日待たせることにしました。3日後に旅立ちます」と。

みんなの介護 ずいぶんかわいらしい奥さんですね。

小笠原 今思うと不思議なんですが、ちょうどそのタイミングで『なんとめでたいご臨終』の見本が送られてきたんですよね。それでその日に持参して「せっかくだから」と、冒頭のNさんのエピソードを奥さんに読んで聞かせてあげました。すると奥さんは涙を流しながら喜んでくれました。

みんなの介護 奥さんはその後、予言どおり3日後に旅立ったのでしょうか。

小笠原 そうはならなかったんです。1週間後に奥さんを訪ねてみると、満面の笑みでした。「あれ、3日後に死ぬんじゃなかったの?」と私が冗談めかして聞くと、「だって先生の本、おもしろいんだもの。読んでたら頭がさえちゃった」と茶目っ気のある返事。彼女は3回も読破して、30日後に夫の元へ旅立たれました。

人生に満足し、遺族も納得できる死に方ができる社会にしたい

小笠原 (写真を見せながら)これが、奥さんが旅立ったときの写真です。周りを囲み、笑顔でピースをしているのがご遺族です。

みんなの介護 とても良い写真ですね。読者の皆さんにお見せできないのがもったいないくらいです。

小笠原 この写真を見ていて、ふと思うんですよね。このとき、奥さんは振り返りながら、「おやおや、みんな笑顔でピースをしているのね。わたしの生き方・死に方が良かったんだね。じゃあ安心して、あの世へ旅立とうかな」と微笑んでいたんじゃないかなって。

どうせ生きるなら笑って生きたい。最期まで“生きる喜び”を感じて暮らしたい。しかし、人間には必ず死が訪れます。「どうせ死ぬなら笑って死にたい。遺された人のお役に立ちたい」。そんな“死ねる喜び”を感じられたら、幸せの極みだと思います。

本人が希望を持って生き、人生に満足し、遺族も納得できる死に方ができる、つまり「希望死・満足死・納得死」の願いが叶う理想的な生き方・死に方を「なんとめでたいご臨終」と呼んでいます。誰しもが叶えられる健やかな社会にしたいですね。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  5. 5

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  6. 6

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  7. 7

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  8. 8

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  9. 9

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。