記事

「壊れていったのは自分の責任」デビュー25周年の華原朋美が語った小室哲哉への“感謝” 「彼の作った歌を歌うために一所懸命レッスンをしました」 - 近藤 正高

1/2

 いまから25年前のきょう、1995年9月8日に歌手の華原朋美(当時21歳)がデビューシングル「keep yourself alive」をリリースした。

 プロデューサーは、このころTRFや篠原涼子、ダウンタウンの浜田雅功と組んだH Jungle with tなどの曲を手がけ、ヒットを連発していた小室哲哉(同36歳)である。華原と小室が恋愛関係にあることは、デビュー時点ですでに公然の事実となっていた。

セミヌードも披露していた華原朋美


華原朋美 2020年撮影 ©時事通信社

 華原は歌手デビュー前、遠峯ありさの芸名でアイドルとして活動していた。小室との出会いは、出演していたテレビの深夜番組の打ち上げで番組プロデューサーから、小室が彼女に興味を持っており、会いたがっていると伝えられたのが発端だという。

 さっそく華原は指定された店に行くが、小室にはすぐには会えず、ようやく夜が更けて初めてあいさつを交わした(※1)。このとき、これから何になりたいのか訊かれた彼女は「テレビに出たいです。女優になりたい」と答えたらしい。

 歌手になりたいという夢もあったが、すぐになれるわけもないと思っていたし、むしろテレビに出たいという気持ちが強かった(※2)。しかし翌日、小室から「声を聴いてみたい」と連絡があり、スタジオに呼ばれた。

 ちょうどglobeでデビュー直前のマーク・パンサーが曲を収録していたところで、ちょっとその曲を歌ってみてくれと言われる。小室はその場で彼女の歌うパートを書いてくれ、初めてレコーディングを体験した。

 2人が交際を始めるにはさほど時間はかからなかったらしい。華原の回想では、デートで行くのはいつもカラオケ店だった。そこでいろんな曲を歌ううち、小室から「歌手になったらいいよ」と言われたという(※1)。

 べつの著書では、歌い終わって小室を見ると、彼は涙を流しながら、「すごくいい声だね。何オクターブ出るのかな」と言ってくれたとも語っている(※2)。ここからはとんとん拍子で、改名のうえ、小室が設立したレーベルの第1弾アーティストとして歌手デビューが決まる。

 交際がすっぱ抜かれたのはデビューの3ヵ月ほど前だった。

 このとき写真週刊誌の取材を受けた小室は、《実は、彼女のデビューの際、できたら、二人の関係を戦略的に使いたいと思ってたんです。彼女がある程度売れたら、『歌詞に出てくる恋人は日本一のプロデューサー』みたいなカンジで。初めて、自分のプライベートをネタにしてみようかなと。今出ると早過ぎですけどね(苦笑い)》と語ったが(※3)、どこまで本気で考えていたのだろうか。

 いずれにせよ、小室との関係から、華原ががぜん注目を集めたことはたしかだった。

 デビュー曲「keep yourself alive」リリース時、曲は気に入っているかと訊かれ、華原は次のように答えた。

《とても気に入っています。特に歌詞。21年間生きてきたことが歌詞になっているんです。例えば“現実を逃げてる”なんてフレーズが出てくるんですけど、ある意味で本当のことだからドキッとしたりして……。この曲を聴いてもらえば、私がどれだけ甘えて育ってきたか、どれだけ危ういヒトかわかっちゃうから(笑)。作詞をした小室さんは、私がこれまでの21年間、どう生きてきたか(私が話したので)知っていますし、思い入れがある半面、歌っててすごく恥ずかしい部分もあります》(※4)

 残念ながらこの曲はヒットチャートでは1位にならなかったが、小室は「1位を目指す」と、その後も彼女のために曲をどんどんつくっていく。

 翌月にリリースした2ndシングル「I BELIEVE」で本格的にブレイクすると、1996年3月リリースの3rdシングル「I'm proud」はヒットチャートでの最高位は2位とはいえ、160万枚の大ヒットを記録。そして同年6月には1stアルバム『LOVE BRACE』が初めてチャートで1位を獲得する。

 このアルバムについて《プロデューサーと歌手との結びつきという意味で、やはり奇跡的な作品だったと思います》と、後年華原は振り返っている(※1)。「keep yourself alive」と同様、収録曲の歌詞には、2人のリアルなエピソードから拾ったフレーズが多々あったという。

 彼女はそれらすべてを「恋人からのプレゼント」と受け取った。歌入れのときは、アドバイスされたことを忠実に頑張ろうとしたが、それは歌手としての向上心とイコールではなかった。それよりは、《自分の歌を通して、愛するということを実感したかった》というのが正直なところであったらしい(※1)。

 このあと、1stアルバムの表題曲をカットした4thシングルに続き、「save your dream」(1996年10月)、「Hate tell a lie」(1997年4月)、「LOVE IS ALL MUSIC」(1997年7月)、「たのしく たのしく やさしくね」(1997年9月)と4作連続でシングルチャートでトップに輝く。

 1996年には年間の総セールスが500万枚を記録、彼女が好きだと言ったことからキティちゃんがブームになったりもした。こうして13枚目のシングル「daily news」(1998年10月)、3枚目のアルバム『nine cubes』(1998年11月)まで小室がプロデュースし、快進撃が続いた。

 しかしデビュー4年目にして2人の関係は終わりを迎える。それまでに華原は小室から距離を置かれるようになっていた。別れ話をすることもなく、そのままフェードアウトしていったというのが実状らしい。

あわせて読みたい

「華原朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。