記事
  • ロイター

豪メディアの中国特派員2人が帰国、国安当局の調べ受け

[シドニー 8日 ロイター] - オーストラリアの著名中国特派員2人が中国国家安全省から個別に取り調べを受けた後、身の安全のため帰国したことが分かった。所属メディアが8日、確認した。

帰国したのはABCのビル・バートルズ特派員と経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー(AFR)のマイケル・スミス特派員。ABCとAFRによると、両氏は北京の豪大使館と上海の豪領事館に保護を求め、豪外交官らが両氏の出国を許可するよう中国当局側と交渉した。

AFRによると、両氏は中国国営中央テレビ系の外国語放送でキャスターを務め、中国当局に拘束されたオーストラリア国籍のチェン・レイさんについて質問に答えるまで出国を禁止されていた。両氏は中国当局から、チェンさんを巡る調査で「参考人」だと伝えられたという。

両氏は7日に中国を出国し、8日朝にシドニーに到着した。バートルズ氏はシドニー空港で記者団に対し、「このような状況」で中国を去らねばならなかったのは非常に残念だと述べた。

ABCは、豪政府の助言に従ってバートルズ氏を帰国させたと説明。AFRは声明で、2人は「通常通りの報道任務をこなしていた」とし、今回の件は「遺憾で憂慮すべき事態であり、豪中の協力関係に利益とならない」と表明した。

豪政府が新型コロナウイルスの発生源を巡る国際調査を要求して以来、両国間の緊張は高まっており、中国政府はこれまでにオーストラリアに対し、牛肉輸入を停止し、大麦に追加関税を導入、ワインの反ダンピング調査を開始するなどの措置に動いている。

ペイン外相は、北京の豪使館と上海の総領事館が2人の安全確保と帰国の実現に向け中国当局に対応したことを声明で確認した。

オーストラリアと中国の関係は、豪政府が新型コロナウイルスの発生源について国際的な調査を求めたことなどで悪化している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。