記事

「血なまぐさい粛清」経て復活…党重要部署を金与正氏が掌握か

1/2

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の朝鮮労働党が最近、司法・公安機関を統括する「組織行政部」を党中央委員会に新設し、金才龍(キム・ジェリョン)前内閣総理を部長に任命したとの情報が出ている。

金才龍氏は8月13日の党中央委員会第7期第16回政治局会議で内閣総理を解任されると同時に、党副委員長と党中央委の部長に就任したが、担当部署は明らかにされていない。

一方、韓国紙・朝鮮日報は8月21日、対北消息筋の情報として、北朝鮮が「司法・検察・保衛(秘密警察)・安全(警察)関連組織を担当する組織行政部を労働党中央委に新設するもようだ。7年前、金正恩が叔父である張成沢(チャン・ソンテク)前党行政部長の処刑に伴って解体した行政部を、名称だけ変えて復活させるもの」と報じていた。

これに加え、韓国デイリーNKは今月3日、北朝鮮の内部情報すの話として、組織行政部を新設した目的は「司法・検察・保衛・安全の各機関を掌握・指導する機構を通じて規律と秩序を統制し、党の唯一的領導体系を保障するところにある」と伝えた。

デイリーNKはさらに、同部のトップに金才龍氏が任命されたとし、その背景について「金才龍は党の政策を正しく把握して展開することの出来る、高い党性(忠誠心)を身につけたイルクン(幹部)でありながら、司法や検察、保衛、安全の各機関と何ら関わりを持ってこなかった純粋(ニュートラル)な人物だから」(消息筋)であると伝えた。司法・公安分野の利権や派閥争いと無縁である点が評価されたと見られる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

かつて張成沢氏は司法・公安機関の上に君臨し、政敵の除去や利権の掌握など、絶大な権力を振るったとされる。しかし、その権力の大きさが仇となり、金正恩氏によって抹殺されることになったのだ。

張成沢氏が処刑された当時、党行政部は血なまぐさい粛清の舞台になった。張成沢氏に先立って逮捕された李龍河(リ・リョンハ)党行政部第1部長と張秀吉(チャン・スギル)同副部長は、きわめて残忍な方法で処刑された。

平壌郊外にある姜建(カンゴン)軍官学校の練兵場で行われた公開処刑には、党や政府の幹部ら数百人が集められたという。処刑に用いられたのは、大口径の4銃身高射銃である。2人の処刑を見せられた幹部たちはしばらく、食べ物も喉を通らなかったと言われる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

あわせて読みたい

「金与正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  4. 4

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  5. 5

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  7. 7

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  9. 9

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  10. 10

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。