記事
  • ロイター

経常収支7月は1兆4683億円の黒字、前年比27.4%減 海外子会社からの配当減で


[東京 8日 ロイター] - 財務省が8日発表した国際収支状況速報によると、7月の経常収支は前年同月比27.4%減の1兆4683億円の黒字となった。ロイターが民間調査機関に行った事前調査の予測中央値は1兆8686億円程度の黒字で、予測を下回った。黒字は73カ月連続。

第一次所得収支の黒字幅が縮小したことなどから、前年同月に比べて経常収支の黒字額が減少した。日本企業が海外の子会社から受け取る配当金などを含む第一次所得収支は1兆7827億円の黒字で、前年同月に比べて5975億円縮小した。黒字額の減少率は25.1%と、2016年12月(同29.2%減)以来となった。

財務省の担当者は、コロナ禍で海外子会社の業績の低迷や、昨年7月に受け取っていた配当金が今年は別の時期にずれた可能性があると説明している。

第2次所得収支は、1021億円の赤字だった。貿易・サービス収支は2122億円の赤字で、前年同月に比べて596億円赤字幅が縮小した。貿易収支は1373億円の黒字。輸入額の減少が輸出額の減少を上回ったことから、黒字に転化した。サービス収支は3495億円の赤字で、前年同月に比べて1604億円赤字幅が拡大。

新型コロナの感染拡大の影響で国際的な人の往来がないことから、旅行収支の黒字幅は縮小傾向にあり、サービス収支の赤字が続いている。

*体裁を整え再送しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。