記事

コロナ禍で、親と同居する若者が過去最多に

Living With The Parent(s) Could Be One Of The Examples Of  “New Normal” During The Pandemic.

コロナ禍の新常態のひとつは「都市圏から郊外への脱出」ですが、他にも見逃せない変化がございます。

それは、親と同居する若者の増加です。

ピュー・リサーチ・センターによると、7月時点で親と同居する若者(18~29歳)は約2,660万人と、感染者が急増する直前の2月から260万人増加していました。親と同居する若者の割合は52%に達し、金融危機の水準はもちろん、世界恐慌直後の1930年を超え過去最多となります。

チャート:1940年の48%を超え、過去最多に

(作成:My Big Apple NY)

2019年から親と同居する若者の割合は上昇傾向にあったものの、コロナ禍でレストランなど対面サービスを提供る仕事が急減したため、親と同居する若者の割合を押し上げたとみられます。NY市やサンフランシスコ市などで家賃が急落した一因に、ルームシェアしていた若者達による契約解除が挙げられていました。

チャート:コロナ禍で経済活動が停止した2020年3月に親との同居率が上昇

(作成:My Big Apple NY)

若者が親と同居することで、米経済にどのような影響を与えるのでしょうか?バロンズ誌が指摘するように①高齢者の間で引退の備えが減少するリスク、②生活必需品や一般消費財などの売上減少、③賃貸市場の縮小――が考えられます。その一方で、若い働き手を家庭にもつことでリフォーム需要が増し、郊外を中心に働き手が増加するといった利点もあるのではないでしょうか。

過去に親との同居率が上昇した時、成長率がどう変化したか振り返ってみましょう。1940年に48%とこれまでの過去最多を記録した当時、1940年以前の過去10年の平均成長率は1.3%増でしたが、1940年以降の10年間の平均成長率は6.3%増と高記録を叩き出しました。2010年以前の過去10年間の平均成長率は1.8%増でしたが、2010年以降の2019年までの平均成長率は2.3%増へ改善しています。

景気回復と共に親元を離れる若者が増えれば、需要が再び拡大基調へ戻る公算が大きい。コロナ禍でこれまでの方程式が維持できるか不透明ではありますが、必ずしもバッドニュースとは言えないのではないでしょうか。何より、病院へ連れて行ってくれる子供が傍にいるというのは心強いもので、平均寿命を押し上げる可能性も残します。

(カバー写真:Sam Frederick/Flickr)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。