記事

「菅義偉=釣りキチ三平」説から見える“パンケーキ戦略”の裏側 勝者が語る「たたき上げ」という幻想 「冷や飯」の向こう側にある恐怖 - プチ鹿島

1/2

 この1週間の報道を見ていると「たたき上げ」とか「パンケーキ好き」とか庶民的なフレーズがたくさん出ていた。菅義偉官房長官のことである。

 たとえばこれ。

『パンケーキ食べ歩き「かたい」イメージ一転…スポーツ紙の記者が見た』(スポーツ報知WEB9月4日)

 菅氏のスポーツ7紙合同インタビューを取材した記者の報告だ。


菅義偉官房長官(2019年撮影) ©️文藝春秋

パンケーキより気になる、自民議員が食う「冷や飯」

《首相の側近としての菅氏は発言、表情、雰囲気、どれを取っても「かたい」イメージだったが、この日の合同インタビューで一変した。》

《自身の好物パンケーキについて「店を渡り歩いていますよ」と目尻を下げながら明かす。(略)ポスト安倍の大本命として話題の人だが、気さくな人柄を垣間見た。》

 記者は「気さく」と書いているが菅氏からすればそう報じてもらうのが狙いだろう。チョロいインタビューだったに違いない。

 パンケーキより気になるのはこっちだ。

『自民議員、冷や飯恐れ雪崩』(朝日新聞デジタル9月3日)。

《霞が関では「菅さんににらまれたら出世できない」と公然と語られるほどだ。閣僚経験者は「みんな菅政権になったときの『冷や飯』を恐れている」と話す。》

 パンケーキより冷や飯。こちらのほうが興味あります。冷や飯の“具体的なメニュー”としては

・「ふるさと納税」をめぐって、寄付の限度額の引き上げを主張する菅氏に、高所得者の寄付額を制限するよう提案した担当局長が、「出世コース」から外された。

・菅氏の持論だった農協改革に絡む協力依頼を断った金融庁長官は、1年で交代。

・今回の菅氏支持への雪崩現象には「人事が怖くてまとまったのだろう」(菅氏を支持する派閥の閣僚経験者)というコメントも(朝日9月4日)。

 パンケーキより冷や飯を食わせる説。これらの源には「内閣人事局」があるのだろう。

安倍長期政権で広がった恣意的な権力行使の行方

 安倍政権が内閣人事局を背景に官僚の人事権を掌握したことは「官邸主導」の政治を強化した半面、官僚の過度な忖度を招いたと指摘されてきた(毎日新聞9月7日)。

 日経社説(9月5日)は、《問題は、恣意的な権力行使を疑われる事例が相次いだことだ。》と指摘。

 社説のタイトルは『政治主導のひずみが生んだモリカケ疑惑』。それでも森友の再調査はしないという菅氏に対して読売社説は、

《長期政権では、公文書の改ざんのほか、記録の廃棄や杜撰な扱いが次々に発覚した。国民に不信感が広がったのは事実だ。

 菅氏がいずれの案件も「決着済み」で済ませているのは疑問である。》(9月4日)

 ピリオドの向こうならぬ冷や飯の向こうにはこれほどの問題が今もあるのだ。パンケーキのことなんか聞いてる場合じゃない。

菅氏「たたき上げ」のイメージ戦略

 さてもう一つ目立った菅氏のキーワード「たたき上げ」。

 菅氏は総裁選出馬会見で「私の原点について」語り始めた。秋田県の農家生まれでたたき上げを強調。

 では実際に菅氏はどんな家で育ったのだろう。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。