記事
  • ロイター

公衆衛生投資拡大必要、次回パンデミックに備え=WHO事務局長

[ジュネーブ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は7日、感染症の世界的大流行が再度発生した場合に備え準備を整えておく必要があるとし、各国に対し公衆衛生に投資を行うよう呼び掛けた。

ロイターの集計によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は2019年12月に中国で最初の感染が確認されてからこれまでに世界で少なくとも2719万人が感染、88万8326人が死亡した。

テドロス事務局長はジュネーブで行った記者会見で、「これが最後のパンデミック(世界的大流行)になるわけではない。歴史を振り返れば、人類は感染症の大流行に繰り返し見舞われてきた。次の大流行が発生した時には、世界的に今回よりも周到な準備が整えられている必要がある」と述べた。

*カテゴリーを追加して再送します。

あわせて読みたい

「WHO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  4. 4

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

  5. 5

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  6. 6

    中国から日系企業1700社が移転へ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  8. 8

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  9. 9

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  10. 10

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。