記事

無駄が減った結果

 4~6月期の実質GDPは年率で27.8%減と戦後最大の減少率なのだそうです。消費税増税の負の影響が露わになるはずが、新型コロナウィルスの感染拡大に覆い隠されてしまった格好でしょうか。

 通勤時間帯の乗客数や地元の通行人数を見るにコロナウィルスの影響は消え去って久しいように見えないでもありませんけれど、それでも影響を大きく受けている業界はあるわけです。

 幸いにして私の勤める業界は新型コロナウィルスの影響を受けることなく、会社の業績も好調です。

 しかもこれまでは幹部社員が毎月お供を引き連れて全国の営業所を行脚、北の将軍様よろしく各地の社員を「指導」するという壮大な無駄遣いを繰り返していたのですが、出張自粛のためにこれが無期限延期となり、経費が劇的に削減され望外の利益が上積みされていたりします。

 高給取りの役員層はいざ知らず、それに随行する末端のヒラ社員ともなれば、交通費と宿泊費の合計が給与を上回ることも珍しくありませんでした。

 これだけの費用を投じて行われてきた幹部社員による「指導」がなくなったにも関わらず、会社の売上が落ちる気配は皆無というのですから、色々と考えを改めるべきものがあるように思うところ、ただ幹部社員の目下の悩みは、増えすぎた利益をどう親会社に説明するか、ということのようです。

 営業活動もまた、とりあえず客先に訪問――というスタイルは難しくなりつつあります。社員の健康への配慮もさることながら世間体もあって自社から感染者を出したくないという経営陣の思惑もあれば、自身の感染リスクを恐れる社員もいますし、客先もまた接触機会を減らしたいと考えていたりするわけです。

 では営業面で厳しくなるかと言えば、少なくとも売上面でマイナスの影響は出ていません。

 強引な営業をかけにくくなったところは、確かにあることでしょう。ガンガン客先に訪問して売上を伸ばすようなスタイルは厳しくなっているはずです。ただ、それは私の勤務先も競合他社も変わりません。

 ライバル会社の営業攻勢によって自社の顧客が奪われることが減る中では、以前ほど必死になって営業をかけずとも契約は取れるようです。客先への訪問件数は減っても売上は減らない、減ったのは他社との不毛な消耗戦だけでした。

 ただ新型コロナウィルスのおかげで我が社の無駄の何割かが明るみ出た一方で、出張費の激減はそのまま、鉄道会社と航空会社、ホテル業界と居酒屋の収入減でもあります。私の勤務先の利益が増えた分だけ、売上を下げている業界もあるわけです。

 毎日全員がオフィスに出社する必要がないことも明らかになりましたが、事務所を縮小すれば今度は不動産業界が困窮することでしょう。

 そして会社のお偉いさんも、その「指導」の有無と営業実績には何ら関係がないことを証明されてしまいました。末端の営業社員も他社の営業攻勢が弱まった今となっては、「そこまでの人員が必要なのか」という疑問が出てきてもおかしくありません。

 出張や宴会の手配、経費の精算に追われてきた事務員も幾分か手が空くようになりました。では必要なくなった人員を削減すれば――雇用情勢が悪化すなわち日本全体の景気が悪化します。

 必要性の有無にかかわらず、金が動けばGDPは増える、経済とはそういうものです。無駄もまた経済を支える要素の一つと言えますが、昨今の新型コロナウィルス感染が拡大する状況下では無駄な部分の何割かは「不要不急」として切り捨てられてしまいます。

 そしてこれまで無駄によって支えられてきた社会ほど、GDPに負の影響が大きく現れるのではないでしょうかね。

・・・・・

 ちなみにコンビニの24時間営業については批判的な声も少なからず聞かれるようになった昨今ですが、飲食業界の深夜営業に関してはどうなのでしょう。例によってコロナウィルスの関係で深夜営業の自粛が求められ、それを嘆く飲食業界の声はメディアを通して頻繁に伝えられるところです。

 はたして深夜の営業は望まれているのかどうか、コンビニと飲食店では何処まで事情が異なるのか、少しばかり気になります。

 飲食店勤務と言えば長時間労働の代表格で、過労死ラインは当たり前のブラック企業が犇めく世界です。コロナウィルスよりも先に過労死から身を守るために営業時間の短縮が望まれても良さそうに思いますけれど、いかがなものでしょうか。

 とかく「自粛」の悪い面がばかりが伝えられがちですが、変革を迫る黒船としての側面も大きいように私は感じています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。