記事

コンビニ8社に改善要請

公正取引委員会は、2日に、コンビニ加盟店に対する大規模調査の結果を発表し、本部による24時間営業や仕入れの強制などは独禁法違反に当たる可能性がある、という見解を示し、大手8社に改善を強く求めました。66.8%の店舗が、時短営業への切り替えや、時短の実験をしたい、と回答しています。

公正取引委員会は、コンビニ8社に自主的な点検と改善を行い、結果を11月末までに報告するよう求めました。また、フランチャイズ契約に関する指針を、独禁法の適用を視野に改める、と報じられています。

調査によると、店主の直近1年間の休みは、「10日以下」が63.2%、1ヶ月の休みは平均1.8日でした。アルバイトの人手不足や、それに伴う人件費の上昇によって、多くの店主が自ら店頭に立ち続けなければならない状況にある、とのこと。仕入れについては、意に反する商品や、必要な数を超える数量を強要されたことのある店主が、おおむね半数に上りました。

対象商品で目立つのは、恵方巻、おでん、クリスマスケーキなどの季節商品で、仕入れないと「契約を更新しないと言われた」という声もあったということです。

私も、店主以外は、すべてアルバイトで、おせちやクリスマスケーキなどの季節商品を、職員である店主が、たくさん売り上げなければならず、もともと始発で出勤して最終で帰宅するような苛酷な日々の中で、営業を終えた後の夜中に、クリスマスケーキを買ってもらった友人・知人の家に届けていたケースを知っています。

ポスト・コロナの生き方、働き方が問われている今だからこそ、コンビニのあり方、そこでの人間らしい働き方を模索し、確立しないと、コンビニ業界の持続可能な存続は、難しいと思います。

あわせて読みたい

「コンビニ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第3のビール値上がり 政府に怒り

    田中龍作

  9. 9

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。