記事

「安倍」一強政治から「菅」一強政治で本当に良いのか?

「安倍」一強政治から「菅」一強政治で本当に良いのか?
並行して、立憲民主党と国民民主党の「合流新党」代表選挙は「枝野幸男」「泉健太」氏が立候補表明

次の首相を決める「自民党総裁選」をメディアが多く報道するのは仕方ありません。
とはいえ、衆議院議員と参議院議員で150人規模の「野党第一党」の新代表は、総選挙で政権交代となった場合には首相になるわけですから、そう国民の皆様に思わせる「覚悟」と「政策」と「気迫」を持った代表選挙にすべきです。

そうした中でも、私はこの1週間も、国会ではコロナ対策のための野党ヒアリングで政府にPCR検査 拡充のための具体的な提案をし、地元でも、合流新党参加の取材を受けたり、また街頭での国政報告を18年間変わることなく続けています。

国会から戻り、今日、私が街頭演説中にそばを歩かれておられた、私から国政報告をお渡しさせて頂いた方(社会保険労務士をされておられる女性)から、街頭演説の後に、以下のメールを頂きました(ご本人のご了解を頂き、掲載させて頂きます)。

『倉敷に住むようになって12年経ちます。真摯に取り組まれている様子を拝見していくうちに、次第に、信頼できる政治家だと感じるようになりました。常に学び、最善を追求しているという点においてブレない政治家だと感じます。今日はどうもありがとうございました。』

さらに、

『作業療法士の家族も、『柚木さんは真剣だ。信用できる』と言っています。』

とのメールを賜りました。
本当に勇気と元気を頂き、心から感謝申し上げます。
元々、組織もお金も七光りもない私に対して、そうした草の根の皆様からのお声やご支援が、今日の私をつくって下さったと思っています。その今日のタイミングで、立憲民主党岡山の幹事会があり、その後、合流新党参加につきテレビ局取材を受けました(アップしました!)。実は私の祖父は自民党系の地方議員(私の選挙区とは違いますが、副議長まで務めさせて頂きました)で、私が18年前に民主党の公募合格し、衆議院議員選挙候補者となる時、『自民党から出ないなら、応援できない』
と言われました。しかし、私は、祖父に

『自民党から出るなら、私が政治の道を志すことはない。日本には政権交代のある政治が、国民のためは元より、自民党のためにも絶対に必要だから。』

と答えて、立候補に踏み切りました。あれから18年間。今では病床となってしまった祖父も応援して下さっているようです。

さて、合流新党の代表選挙。枝野さんも、泉さんも、素晴らしい候補者です。私は以前、枝野さんが幹事長時代に、ある事で直言申し上げた事がありました。それでも、枝野さんは懐広く私を今回の合流新党参加は元よりその前段の、野党共同会派への参加をさせて頂いた事に加えて、私に対していくつかの貴重なアドバイスも下さいました。枝野さんには、官房長官や経済産業大臣など政府の要職を務められた実績と、決死の覚悟で立憲民主党を立ち上げた意地を、ここで是非とも本気で発揮して頂きたいです。

他方で泉さんは、私と同年代からの代表選挙立候補です。私が国民民主党を2年前に、働き方改革やカジノ法案への対応などへの国会対応の考え方の違いで離党した後も、またその前の時代からも、厳しくも温かく、本音で接し続けて下さっている方で、バランス感覚にも優れ、仮に光の当たらない仕事であっても率先して黙々と務められてきた尊敬すべき方です。

そうしたお二人との経緯もある中で、私は今回の代表選挙で枝野幸男さんを応援しています。しかし、泉健太さんが立候補されて本当に良かったと受け止めています。泉さんには、合流新党には、若手で有望な人材が多くいる事をぜひお示し頂きたいと思うし、我々世代が本気で背負っていく覚悟、気迫を国民の皆様に発信頂きたいと思います。

枝野、泉、両候補は、新型コロナ対策として、政府の掛け声倒れのPCR検査拡充、あるいは全国民へのワクチン接種無料化、さらに、消費税の期間を決めた減税や凍結、所得税減税、定額給付金の再給付、生活困窮者への月額1万円給付、あるいは、私が国会活動15周年、224回の国会質問を通じてこだわり続けてきた「不正義を正す」(もちろん私のライフワークの社会保障はじめ政策提案も続けてきました)点についても、両候補とも、自民党(安倍政権を引き継ぐ菅政権)には絶対にできない公文書改ざんを許さない法改正を掲げています。

ぜひ、合流新党が、コロナ第1波の際にも、国民の皆様全員への10万円給付や、PCR検査拡充法案、家賃支払い猶予法案、コロナ困窮学生等支援法案、コロナ困窮子ども支援法案などを政府与党に先がけて国会提出し、与野党こえて実現していった経緯は本当に国民目線だったと考えますので、そうした取組を通じて、自民党菅政権に、正すべきは正し、示すべき対案は示し、協力すべきは協力するまさに、この国の政治に絶対に必要な「政権交代可能な野党」を創り上げるために私自身も代表選挙を通じても、またその先も全力を尽くして参ります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

あわせて読みたい

「泉健太」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  8. 8

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。