記事

安倍晋三という政治家

 安倍晋三首相は、持病の潰瘍性大腸炎の悪化で、7年8ヶ月に及ぶ長期政権に幕を閉じる。安倍政権の業績と問題点については、時間をかけて検証する必要があるが、私の思い出話を中心に雑文を書いてみる。

 私は北九州市(旧八幡市)で生まれた。小倉、門司から眺めると対岸に下関がある。関門海峡を挟んで同じ経済圏である。関門海峡を渡って下関に着き、赤間神宮に参り、魚市場で買い物をして家に戻る、そういう思い出の地だ。

 私は、東大で政治学を講じ、日本の政治の実態を研究していた若い頃、晋三の父君、安倍晋太郎元外相の知遇を得て、インタビューなどを行った。晋太郎は、政治評論家に好き嫌いがあったが、私には優しく接してくれた。安倍、竹下、宮沢が総理の座を争い、中曽根裁定で竹下に決まったとき、ある有力者にその舞台裏を見せられたこともある。

 今でも晋太郎に頂いた萩焼のお皿を大事に使っている。晋太郎後援会にも、北九州市側から多くが参加していたが、その中には私の友人たちもいた。

 晋太郎が亡くなって、晋三が後を継ぎ、選挙の時に、仲間に頼まれて、妻と二人で選挙区に応援に入ったことがあるが、そのときに、昭恵夫人が丁寧な礼状を妻に送ってくれたことを覚えている。

 私が、東大の先輩の町村信孝の推しで参議院議員になり、政界入りすると、北九州でも下関でも、晋太郎ゆかりの場所で「これは晋太郎先生が使っていた椅子です。これからは舛添さんも使って下さい」などとよく言われたものである。

 2007年夏の参院選で自民党は大惨敗し、参議院は野党の民主党が牛耳るといった「ねじれ国会」になってしまった。参院自民党政審会長として年金記録問題への党の対応をとりまとめていあったこともあって、第一次安倍改造に厚労大臣として入閣した。しかし、今回同様に持病の悪化で安倍首相は突然辞任した。

 安倍の下関の地盤は、林芳正→林義郎→林佳介と遡る名門政治家の牙城であり、経済界も林家の支配下にあった。そこで、安倍晋太郎は自らの地盤を築くのに苦労したが、その際に手を差し伸べたのが新興企業家であり、在日の人もたくさんいた。晋太郎、晋三と私の共通の友人には在日の人も多い。福岡県、山口県は炭鉱があったので、戦前に朝鮮半島から移住した人がたくさんいる。

 晋三は、拉致問題や韓国からの理不尽な要求には断固として対応するが、それは日本人として当たり前のことである。ナショナリストではあるが、在日の人にも配慮する政治家で、ヘイトとは無縁の人である。

 ところが、嫌韓派、嫌中派の人たちの圧倒的支援を受け、そのショービニズムのシンボルに担ぎ上げられたような形になってしまった。北九州・下関の安倍家の活動を知っているので、私は違和感を覚えてしまう。晋三が、そのような感情に支配されているとは到底思えないのである。

 しかし、ショービニストの支援が、かえって安倍首相の自由度を奪ってしまったようで、私には残念に思う。「贔屓の引き倒し」のようにすら感じたものである。隣国のうち、日中関係は少しは改善したが、文在寅政権下では日韓関係は難しい。それは、誰が首相であれ同じである。

 これからは、安倍晋三には自由な立場で、大所高所から、日本の行く末を案じてもらいたいと思っている(文中、敬称略)。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。