記事
  • ロイター

豪、アストラゼネカ製ワクチン初回分を来年1月に調達へ


[シドニー 7日 ロイター] - 豪政府は7日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が共同で開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、2021年1月に初回分を受け取る見通しだと明らかにした。

モリソン首相は、アストラゼネカのワクチンの生産に向け、豪製薬会社のCSL<CSL.AX>と契約を結んだと発表。21年1─2月に380万回分の出荷を予定しているとした。

アストラゼネカのワクチン候補「AZD1222」は現在、英国、ブラジル、南アフリカで後期臨床試験が行われている。

豪政府は8月に、豪州の2600万人近い国民に十分な量のワクチンの調達に向け、アストラゼネカと暫定合意を結んだと明らかにした。ただ、CSLが独自のコロナワクチンを優先する考えを示したため、アストラゼネカのワクチン調達について多少の不透明感が生じていた。

豪政府は7日、CSLのワクチン候補も治験で有効性が証明されれば購入することで合意したと発表。この結果、アストラゼネカ製ワクチン調達への障害が取り除かれた。

国内で2番目に人口が多いビクトリア州は同日、過去24時間で新たに確認されたコロナ感染者は41人と、前日の63人から減少し、6月26日以来の低水準になったと発表。

同州は感染第2波の中心地となっており、同州の感染者は、国内全体の感染者(2万6320人)の約75%、死者(762人)の90%を占めている。

同州は6日、州都メルボルンに導入している厳しいロックダウン(都市封鎖)を9月28日まで延長すると発表した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  5. 5

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。