記事
  • ロイター

サウジ国王が米大統領と会談、公平なパレスチナ問題の解決主張


[カイロ 7日 ロイター] - サウジアラビアの国営通信社によると、サルマン国王はトランプ米大統領と電話会談を行い、公平で恒久的なパレスチナ問題の解決を望むと述べた。それがサウジが提案した「アラブ和平構想」の主な出発点との認識を示した。

先月イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化で合意したことを受け、電話会談が行われた。

サルマン国王は米国の和平努力に謝意を示す一方、サウジは2002年の和平提案に基づいたパレスチナ問題の公平および恒久的な解決を望むと述べた。

アラブ連盟は2002年、サウジの提案に基づき、イスラエルとの国交正常化の条件として、パレスチナ国家の樹立と、イスラエルが1967年の第3次中東戦争で占領したパレスチナの地から全面撤退することを主張した。

サウジは公式にはイスラエルの存在を認めていない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。