記事

追悼チャドウィック・ボーズマン、キングよ永遠なれ

1/2
2018年にロンドンで行われた『ブラックパンサー』の欧州プレミアで撮影されたチャドウィック・ボーズマン。(Photo by Gareth Cattermole/Getty Images for Disney)

『42〜世界を変えた男』(2013)で黒人大リーガーのジャッキー・ロビンソン役を、『ジェームズ・ブラウン〜最高の魂を持つ男』(2015)でジェームス・ブラウン役を演じ、『ブラックパンサー』(2018)に主演したチャドウィック・ボーズマンの死を悼む。

ボーズマンは見事なレガシーを私たちに遺してくれたが、彼の不在によってその偉業はまだ未完成のように感じられる。

スーパーヒーローになる前のチャドウィック・ボーズマンは、映画スターだった。ボーズマンには、言葉で言い尽くせないような何かがあった。

それは、まるで映画館のスクリーンの下から6メートルほどの高さに投影された、リアルで共感できると同時に偉大な彼の姿を前に人々が涙を流し、怒りに我を忘れ、恋に落ちる瞬間を愛さずにはいられないような、スターとしての素質が最初からボーズマンには備わっていた。

私たちの多くにとってすべての始まりは、黒人大リーガーのジャッキー・ロビンソンの半生を描いた映画『42〜世界を変えた男』(2013)だった。ブライアン・ヘルゲランド監督がボーズマンを同作に起用した当時、彼はまったくの無名俳優というわけではなかった。

というのも、ホームドラマ、警察物、『ER緊急救命室』、『JUSTIFIED 俺の正義』など、すでに数多くのテレビ作品に出演していたのだから。とはいっても、彼の名前はお茶の間にまで浸透しているわけではなかった。

そんなボーズマンを野球界に立ちはだかる人種の壁に挑むブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)の選手役に起用するのは、ギャンブルだった。

ボーズマンは、のちにアイコニックな実在の人物を複数演じることになるのだが、当時35歳のボーズマンが披露した最初の文化的アイコン、ロビンソン役の演技を見ると、彼にはカリスマ、センス、そして一種の自信が備わっているのは明らかだった。

人種差別的なヤジにさらされ、野球愛と自身に向けられる憎しみとの折り合いをつけようと苦悩する偉大な大リーガーの葛藤をボーズマンは演じた。

彼は背番号42にふさわしい運動能力と優美さをもってこの役に挑み(執筆および俳優としての活動に目を向ける前、ボーズマンは高校野球選手だった)、グランド、ロッカールーム、公の場での隙のないロビンソンを演じ切った。

『ブラックパンサー』に主演するずっと前からボーズマンは、心のなかの混乱を隠すためにロビンソンが被らざるを得なかったストイックな仮面のような表情を取得していたのだ。そんなボーズマンは、必要なときには超有名人としての鎧を解き、隠された苦しみを私たちにさらしてくれた。

チャドウィック・ボーズマンは、4年の闘病生活の末、米現地時間8月28日に43歳で他界してしまった。米南東部サウスカロライナ州のごく普通の青年だった。ボーズマンには、人種差別の傷痕が根強く残る国でアフリカ系アメリカ人として成長した自らの経験があり、芸術という夢を応援してくれる愛情深い家族がいた。

10代の頃にストーリーテリングに魅了されたボーズマンは、ハワード大学(訳注:首都ワシントンに所在する私立大学で、米国屈指の名門黒人大学)で監督業を学ぶため、ディレクティング・プログラムに志願する。

そして夏にはオックスフォード大学に交換留学し、演技を学んだ(のちにボーズマンは、彼の友人であり、師でもある女優のフィリシア・ラシャドが知人に頼んで海外留学費を援助してくれたと明かした。学費を支払ったのは、デンゼル・ワシントンだった)。

卒業後はニューヨークに移住し、その後はロサンゼルスを拠点に駆け出しの俳優として生計を立てながら、常に執筆活動を続けていた。

『42〜世界を変えた男』で有名になり、『ジェームズ・ブラウン〜最高の魂を持つ男』(2015)でジェームス・ブラウン役に抜擢されてからも、NFLを描いたスポーツドラマ『ドラフト・デイ』や映画『キング・オブ・エジプト』(2016)といった作品に出演する合間を縫って演劇の脚本を執筆し続けた。

「俺たちのカルチャーには、語られていないストーリーが山ほどあるんだ。なぜなら、それが本当だとハリウッドが信じてくれなかったから」とのちにボーズマンは語っている。「アフリカ系アメリカ人が活躍する歴史の断片を覗くのは、すごくクールだと思う」。

勝利と冒険が織りなすストーリー、遺跡の発掘調査、SF的な大胆な未来を描いた作品、スタジオ製作による超大作映画、スーパーヒーロー物など、数え上げるときりがない。

【関連記事】『ブラックパンサー』監督、故チャドウィック・ボーズマンを追悼「ずっと見守ってくれる」

アフリカの超文明国家ワカンダのティ・チャラ王を演じる前から、ボーズマンには実在のヒーロー役の演技経験があり、2017年の映画『マーシャル 法廷を変えた男』では、全米黒人地位向上協会の弁護士サーグッド・マーシャルのような著名人を演じていた。

それでも、ボーズマンはヴィブラニウム製の戦闘スーツをまとった戦士としてもっとも強く人々の記憶に残るだろう。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でワカンダ国の国王だった父親を失い、国を任されることになった王子を演じた瞬間から、私たちは特別な何かが生まれる瞬間を目の当たりにしているという感覚を抱いた。

悪役やのちに味方となる相手と闘うボーズマンの分身の登場とともに、ブラックパンサーというキャラクターが拡大を止めないマーベル・シネティック・ユニバースのヒーローたちに匹敵する存在であることに瞬時に気づかされるのだ。

素晴らしいカメオ出演でありながら、まだ名脇役とは言えないものの、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のすべての出演シーンでボーズマンは魅力を最大限に発揮している。

彼のすべての行動は、同作の外ではより壮大で興味深い物語が展開されていることを終始ほのめかし、観終わる頃にはブラックパンサーが主役の作品が楽しみで仕方なくなる。

ボーズマンは訓練を通じてアフリカの戦闘スタイル(ボクシングのようなダンベ、棒を使うズールー、カポエイラ・アンゴラなど)を身につけ、アフリカの多種多様な文化を学び、リサーチのために現地を訪れ、キャラクターにふさわしいアクセントを取得するために努力を惜しまなかった。

2018年の映画『ブラックパンサー』の監督と脚本の共同執筆を手がけたライアン・クーグラー同様、ボーズマンは研究と役作りに多くの時間を費やした。MCU作品であるかどうかにかかわらず、ボーズマンは単独のキャラクターを描いた映画が一部の人々のあいだではリスキーだと思われていたことを承知していた。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。