記事

「自民党は総裁選によってバージョンアップしていく政党だからだ」“圧倒的劣勢”でも石破氏・岸田氏が戦いをやめない理由

1/2

来週8日の告示を前に、多くの派閥から支持を集める菅義偉官房長官の“圧勝ムード”が漂う自民党総裁選。

「安倍総理の後継に誰がふさわしいか」と尋ねた朝日新聞の世論調査でも、菅氏はこれまでトップを走ってきた石破元幹事長を逆転。安倍総理が“禅譲”すると見られてきた岸田政調会長をも引き離している。

・【映像】圧倒的な劣勢でも戦う意義は?石破・岸田両陣営に聞く

 それでも石破氏と岸田氏が諦めないのはなぜなのか、自民党総裁選の意義とは?そこで4日の『ABEMA Prime』では、石破派(水月会)の平将明・内閣府副大臣と岸田派(宏池会)の小林史明・自民党青年局長を招き、話を聞いた。

「私は2005年に国会議員に初当選したが、昔の自民党に戻ってしまうのは嫌だ」(平氏)、「まさにこれから政策議論が始まる。自民党総裁選は無記名投票なので、誰が誰に投票したかは分からない。勝負はこれからだ」(小林氏)と話す両氏の思いとは…?

■石破氏の“推しポイント”は「正直、公正」だ(平氏)

 石破派(水月会)が立ち上げられたのは今からちょうど5年前の9月。平氏はその中心人物の一人だ。

「権力は腐っていく。安倍さんの政策にはいいところもあるが悪いところもある。それでも申し訳ないが、今の野党に任せるわけにはいかない。だからこそ安倍さん一強の中、党内で忖度せずに言いたいことを言えるグループが必要だという石破さん訴えた。

そこで安倍さんの2期目が確定し、これから3年間は続くというのが判明したその日に石破派を立ち上げた。派閥の談合のような今の政局を見ていると、石破派を作っておいて本当に良かったなと思う」と話す。

「政治が“パワー・オリエンテッド”になってしまっているのを“ルール・ベースド”に戻し、国民の皆さんとの信頼関係を組み直さなければ、このコロナ禍を乗り越えることはできないと思うし、それは安倍総理をディフェンスしてきた菅さんには難しい。

“正直、公正”は石破さんが前回の総裁選に出馬した時のキャッチフレーズでもあるが、本当に真面目で嘘のない人だ。特に人事は公正で、私は石破さんが政調会長だった時代、ほとんど話をしたこともない2期生だったのに経産部会長に抜擢してくれた」。

 紗倉まなが「“ポスト安倍”についての世論調査で石破さんが1位という状態が続いてきたと思う。それなのに議員の間で人気がないのはなぜなのか」と尋ねると、平氏は「やはりうまくいって政策もあれば、そろそろリセットした方がいいという政策もある。

河井夫妻の問題などについても、執行部はけじめを付けていかなければならない。しかし皆で安倍政権を支え、一致団結している中では言いにくい。そこを我々は言うので、嫌われる」と答えた。

 オンラインサロン『田端大学』主宰の田端信太郎氏は「負け続けているのに自民党を割って出て行かない石破さんは立派だと思う。党としても、議論はするが、決着した後は首班指名でも皆が安倍さんの名前を書いたわけだ。この点は割れたりくっついたりを繰り返している野党は見習った方がいいと思う」と話した。

■岸田氏の“推しポイント”は「多様な意見を聞いて、決断・実行する」(小林氏)

 小林氏は「安倍政権というのは、平成の政治のリーダーシップが極まった姿だと思う。つまり“官邸によるトップダウン”によって、漁業法を70年ぶりに改正したり、モバイル市場に新規参入をしやすくしたりと、規制をどんどん突破していった。

確かにそれはすごいパワーだったが、時間が経つにつれ、限られた人数が限られた情報の中で意思決定をするようになってきた。これは多様化した社会にはそぐわないと思う」と指摘する。

「その点、岸田さんは私のような“暴れん坊”の若手・中堅議員のことも受け止め、いい案はきちんと実行してくれる。今回の総裁選では、自民党の名簿管理がアナログだったために党員投票はできないという結論になってしまったが、我々が訴えてきた自民党のデジタル化について最初に動いてくれたのは岸田さんだった。

その結果、党内の会議はほとんどがタブレットになり、ペーパーレスになった。岸田さんは、社会が多様化していること、格差の是正ということにポイントを置いているが、コロナ禍の様々な問題を乗り越えるためにも、岸田さんのリーダーシップが必要不可欠だ」。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。