記事

廃業を決めたホスト「続けることに耐えられなくなった」理由

クラスター発生が明らかになった時期、歌舞伎町では新宿区職員らがホストクラブなどに新型コロナウイルス対策を呼び掛けた(時事通信フォト)

 クラスター発生など様々なニュースの影響もあり、すっかり人が少なくなった夜の街だが、新宿などでは相変わらずホストの写真が大きくプリントされた大型アドトラック(広告宣伝車)が何台も走っている。

 ならば、新型コロナウイルスによる影響は言われるほどではなく、ホストたちの仕事はどうにかなっているのかといえば、そうでもないようだ。ライターの森鷹久氏が、コロナ禍をきっかけにホストを辞めた元売れっ子ホストの本音を聞いた。

【写真】シャンパンタワーも難しくなった

 * * *

「世の中が変わったと感じましたし、何よりこれ以上続けていくことに耐えられなくなったということです」

 新宿・歌舞伎町のホストクラブで、新型コロナウイルスの集団感染、いわゆる「クラスター」の発生が発覚したのは6月のことだった。この時、筆者は複数のホストや関係者に取材をし、そのうち3名が感染者で、1人はその後ホストを辞めた。

 辞めた彼は北陸地方出身、専門学校へ通う為に上京し、知人の誘いでホストクラブのボーイのバイトを始め、数年前にホストになったという室井陽太さん(仮名・20代後半)だ。室井さんは指名数ランキングで上位を維持する売れっ子だっただけに、意外な決断に見えた。

「3月の真ん中くらいからですかね、客がガクッと減って、マジでやばいよね、という雰囲気になりました。自分含めた店のナンバー(指名の上位ランキング者)はなんとかして客を集めていましたが、若手は相当きつかったと思います。

出会い系サイトやSNSで女の子を引っ掛け、消費者金融から金を借りさせてまで店に来させたり、客に高額の売掛け(支払いのツケ)をして脅迫する奴もいました」(室井さん)

 こうしたトラブルは、一部は事件化しテレビ報道されることもあったが、ほとんどは表沙汰になっていない。

「ホストも苦しいので、あの手この手で新規の客を呼ぼうとしました。金を借りさせる、風俗で働かせる、というのは定番。当然トラブルになりますが、女性もやましい気持ちがあるのか、被害に遭ったと警察に駆け込んだりはしません。

はっきり言って、ホストは女性から金を巻き上げてナンボ、優しい強奪なんです。だからホストをやっていられるし、ホストがこれだけ増えたんです」(室井さん)

 今から20年ほど前、まだ今ほどホストクラブが数多く存在せず、世にも認知されていなかった時代にホストになり、現在は都内でアパレル販売会社を営む西山朱雀さん(仮名・40代)が、かつての「ホスト」についてこう解説する。

「あの当時のホストは、お金持ちや経営者の女性の相手をする仕事、という認識でした。男がキャバレーや風俗、クラブに行くようには、女性は遊びに行かないのが普通でしたから、ホスト遊びする女性は特別な存在だったんです。

だから、ホストはかっこいいだけでなく、とことんまで客をもてなす。枕(肉体関係)や色恋(恋愛関係)になる、なんてことも少なかった」(西山さん)

 男女の価値観が時代とともに変化したためにホストクラブが激増した、と言えるのかもしれない。以前に比べれば確かに女性の社会進出も進み、経済的に自立、男性に依存しない女性が増えたのであれば、男と同じように接待される楽しみを求めてホスト遊びする女性がいるのも、自然なのかもしれない。ただ……。

「キャバクラを経費で落とす男はいても、ホストを経費で落とす女の会社員はいないように、その辺の価値観は根本的にはやっぱり変わっていない。男はほっといても夜の街に行くし夜の街へ行くことが仕事の延長のように扱われることすらあるが、基本的に女は行かないんです。だからあの手この手を使って呼ぶしかない、結果、不幸な事件が起きやすい」(西山さん)

 コロナ禍におけるホストクラブ、キャバクラやクラブの状況を取材し、筆者も感じたことがあった。それは、前者に自治体からの休業要請などを無視して営業する店が少なくなかったのに対し、後者は比較的その要請に応じたり、感染対策を取っていた店が多かった、ということである。

 前者が「デタラメ」だった、とも言えるが、それ以上に悲しいまでの「必死さ」があったのである。売れっ子だったにも関わらず、コロナをきっかけにホストを辞めた室井さんが言う。

「キャバクラに行く男性よりホストに来る女性の絶対数が少ないのに店が増えたから、一人の女性に多くのお金を使ってもらわないとダメなんです。一人の女性客を何人ものホストで取り囲んで、おだて上げ、枯れ果てるまで金を使わせる。

借金でも風俗でも、実家の親の資産を売ってでもいいから、ホストで使う金を作らせます。ホストも、そうまでしないと生きていけない。

でも、これで誰が幸せになったかと言うと、誰も幸せになれていない。コロナで客がいなくなって、特定の客をホスト同士で取り合ったりする。もうこういうことから足を洗いたい、そう強く思ったんです」(室井さん)

 昔のホストと今のホストの違い、それをズバリ言うのなら、前者はまだ「接客」の先に収益があったが、後者は収益のことしか考えない、ということかもしれない。

 場合によっては店に来た客を接客せず、いきなり脅して金を奪う。客イコール金、という価値観から、客の取り合いで暴行事件が発生することも珍しくない。

 もちろん、今の全てのホストが、室井さんや西山さんが言うようなスタンスで仕事をやっているとは思わない。ただ筆者が取材した範囲では、二人の指摘は正しい面があると思えるし、ホストやその周りで、本当に幸せを感じていると話す人はほとんどいなかった。

「金の為に自分を含めた誰かが不幸になる仕事をあえて選ぶ必要はない、そういって店を辞めた後輩もいました。僕のように何年もこの世界で暮らして、ある程度の成功をしてしまった人間より、キャリアが浅い若い子の方が早く本当のことに気が付いていたのかもしれません。ホストの限界が見えていたのでしょう」(室井さん)

 今までなんとなく、騙し騙しやってきたこと。いいのか悪いのかを考えず、ただ流されてやってきたこと。慣習にも似た「日常」、そして「価値観」が、すでに大きく変わっている。それはたぶん、ホストクラブや夜の街を取り巻く世界だけのことではない。今後、様々な面で私たちの前に現れるだろう。

あわせて読みたい

「ホスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  3. 3

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  5. 5

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  8. 8

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  9. 9

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  10. 10

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。