記事

15歳少年による福岡女性刺殺事件 「わいせつ目的」を“無差別”と報じる問題点 「フェミサイド」とは何か - 山下 泰幸

 先月28日、福岡市の商業施設にて、15歳の少年が買い物客の女性を殺害する事件が発生した。福岡県警などの発表によると、少年は現場で包丁を盗んだ後に、面識のない被害者女性の後をつけ、女子トイレにてわいせつ行為におよぼうとしたところ抵抗されたため、この女性の上半身数カ所を包丁で刺したとされる。

 また、その直後には6歳の女児とその母親に包丁を突き付け、さらに逃げようとして転倒した女児に馬乗りになっていたところを、その場に居合わせた男性によって取り押さえられた。 


事件が起きた商業施設 ©共同通信社

 この事件を受けて、SNS上では、「フェミサイドではないか」という多数の声があがった。こうした声が聞かれるのは、被害者を「ランダムに」選んで殺害する無差別殺人として、この事件が報道されてしまうことを危惧するためだ。

 この事件は「わいせつ目的」、すなわち女性に性的暴行を働こうとして失敗し、殺害したものであるため、殺されたのが女性であったことは決して「ランダムな」選択の結果ではない。言い換えると、「被害者が女性である」という事実が、この犯行の理由・原因の重大な要素を占めている。 

 日本ではあまり聞き慣れないフェミサイドとは、以下で見ていくように、まさにこうした性質をもつような殺人事件を社会問題として取り上げるための概念だ。

 本記事では、今、国境を越えて多くの国で女性たちが連帯する際のキーワードにもなっているこの概念を紹介することで、福岡で起きたこのおぞましい事件を理解するための一つの視角を提供したい。 

「フェミサイド」と名付けることで見えるもの

 フェミサイド(femicide)とは、ラテン語に由来する、「女性」を意味する「femi-」と、「殺す」を意味する「-cide」が組み合わさった言葉だ。この言葉自体はずっと以前から存在していたものの、はじめてその言葉の意味をより明確にして、批判的に用いたのは、フェミニストのダイアナ・ラッセルとされる。 

 彼女はフェミサイドという言葉を「(被害者が)女性であることを理由とした、男性による女性の殺害」として定義しなおすことで、単に女性が被害者なだけでなく、そうした殺害が性差別的な理由に基づくものだということを強調した。

 ラッセルによると、このような性差別的な殺人行為としてのフェミサイドにはさまざまな種類があり、1)女性への憎悪、2)女性は劣位だという感覚、3)性的快楽の追求、4)女性を所有しているという思い込み、などを動機としている。 

 このようなフェミサイドの概念は、1980年代以降徐々に浸透していき、今日では、世界保健機関や国連の一部機関(UNODC)をはじめ、さまざまな国際機関が女性の殺害という地球規模の問題に取り組もうとしている。 

 近年の日本では、ヘイトスピーチ解消法が施行されるなど、ヘイトクライムという言葉が浸透しつつあるが、これは、人種、宗教、ジェンダー、性的指向をはじめ、特定の属性をもつ人びとに対する偏見や憎悪をもとに、危害を加える行為を指している。フェミサイドは、例えば人種的憎悪に基づく黒人の殺害などと同様、重大なヘイトクライムの一種と言える。

 フェミサイドの概念を用いる最大のメリットは、これまでそれぞれ異なる個別的な事件としてのみ捉えられてきた女性の殺害を、ジェンダーに基づく暴力の問題として捉えなおし、社会全体で取り組むべき課題として焦点化できることにある。 

被害者女性のことをモノのように認識していたのではないか

 さて、フェミサイドは、ひとりの人間の生命を絶つという意味で、ジェンダー暴力のひとつの究極の形態だ。今回、福岡市で発生した事件は、そもそも他者の人格を無視して、自らの欲望(性欲および支配欲など)を一方的に満たそうとしたことが殺人の直接的な契機となったと考えられる。

 その上で抵抗されたから被害者の上半身を包丁で何度も刺したというこの事件の容疑者には、目の前の女性をひとりの血の通った人間として想像する能力が欠けており、被害者女性のことをまるで人格や尊厳を持たないモノのように認識していたように思われる。 

 私たちはこの事件を、単なる非行少年の暴走として捉えるのではなく、フェミサイドとして、社会全体で解決すべき課題として捉えなおす必要がある。そのためには、女性を欲求充足のための道具のように扱ったり、人格と尊厳を持った自由な存在だということを否定したりするような文化や言動に対して、私たち(とりわけ男性たち)ひとりひとりが常に警戒し、それらを止めるよう努める必要がある。 

 もちろん、フェミサイドは日本固有の問題ではない。フェミサイドと闘おうとする女性たちの声は、この瞬間も、大きなうねりとなって世界中の多くの国で響いている。 

ソウルの「江南通り魔殺人事件」を思い起こさせる

 フェミサイドに対する女性たちの抗議運動は、近年、世界中で拡大をみせている。それぞれの国で取りざたされるフェミサイドの形態は異なるものの、こうした動きは欧米のみならず、ラテンアメリカやアジア、アフリカでも広がっている。 

 ところで今回の福岡市の女性刺殺事件は、4年前に韓国・ソウルの江南駅近くの公衆トイレで発生した殺人事件を思い起こさせる。韓国の事件においても、刺殺された被害者は女性であり、犯人は面識のない男性だった。犯人は殺害の動機として、「日ごろから女性に見下されていた」と語ったため、裁判においてはこの殺人が女性嫌悪に基づく犯行として認定されるか否かが、社会的関心を集めた。 

 SNS上では女性たちが、殺されたのは自分だったかもしれないという意味で「#偶然生き残った」というハッシュタグを用いて書き込みを行い、韓国社会におけるフェミサイドの存在が可視化された。こうした一連の動きは、保守的な男性たちによる激しい抵抗を呼びながらも、韓国でフェミニズム運動が拡大する重大な契機となった。

パリの街角で見かける新しい抗議運動 

 フランスにおいても、フェミサイドは社会問題となっている。フランスでは特に、男性による配偶者や恋人女性の殺害という、いわゆるDV殺人が深刻であり、政府はさまざまな対策を打ち出してきたが、全く解決には至っていない。これに抗議をするために大規模なデモ行進なども行われてきたが、特に興味深いのは1年ほど前からパリの街角のあらゆるところで見かけるようになった新しい手法だ。 

 一文字ずつ書かれた白い紙をタイルのように並べて貼り、ひとつのメッセージが完成する。最初の頃は、フェミサイドにより命を奪われた女性について述べたものばかりだったが、最近ではフェミニズム関連の多様なメッセージを発信している。単なる抗議活動を超えて、ストリートアートとしての側面も併せ持つこれらは、新型コロナの影響で閑散とするパリの街頭に新鮮な風を吹き込んでいる。 

日本は殺人被害者の女性比率が世界で最も高い国の一つ

 さて再び日本に目を向けると、こうした国々と比べて、フェミサイドに対する抗議の声はまだ決して大きくない。警察庁の最新のデータによると、世界的に見て殺人件数が少ない日本では、殺人によって命を奪われる女性は100万人当たり3人以下と非常に低い水準となっている。

 しかしながら懸念すべき点として、殺人事件の犠牲となった319人のうち女性は181人と過半数を超えており、日本は被害者の女性比率が世界で最も高い国の一つとなっている。

 今回、福岡市で発生した残酷な女性刺殺事件によってあらためて明らかになったように、日本社会にも確かにフェミサイドが存在する。先にも述べたように、悲劇的な事件の犠牲となる女性をひとりでも減らしていくためには、このような犯罪を一部の人間の暴走だとして目を背けるのではなく、日本社会全体の問題として捉えなおしていくことが重要だ。そのためにもフェミサイドという概念が、より一層浸透していくことに期待したい。 

(山下 泰幸)

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  8. 8

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  9. 9

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。