記事

髪を切るときYouTubeは参考になるか?「セルフカット動画」4つの罠 それでも自分で切るときは…… - 操作イトウ

 先が見えないコロナ禍。美容室に行くのも億劫だし、カラーも自分でやったけどZoom会議じゃバレなかった。

【図解】髪のクセは5種類。セルフカットを避けたほうがいいのはどれ?

 いっそのことカットも自分でしてしまおう、「やり方だけ検索してみて、物は試し」なんて思っているそこの貴方、ちょっと待って!


©iStock.com

 自粛期間中、SNS上ではプロ・アマ問わず沢山のセルフカット動画が配信されていました。僕もYouTubeでいくつも拝見したのですが、発信する美容師さんやインフルエンサーの方々の想いを尊重した上で言っても、正直あまりお勧めできるものはありません。

 特にプロの美容師側が配信している動画には、「それだと難しすぎるし、ちょっと安易では?」と感じてしまう節もあります。

 このご時世、あえてセルフカットを否定はしないですが、美容師さんが紹介してるからってこんなやり方の動画は参考にしないほうがいいよ!という理由を紹介していきます。

セルフカット動画の罠1:髪質

 インフルエンサーの「自分でやってみた」系の動画をいくつも見たところ、基本的に皆さん扱いやすい髪質をしていました。

 髪の毛を指で大体10cmぐらい測った時の、ウェーブ具合を図にしました。左の「まっすぐ」から右の「じりじり」に向かってだんだんウェーブが強くなっています。

 動画を上げた方たちはもれなく「Cカール」から「Sカール」に該当しています。

 図の「まっすぐ」は、文字通りツンツンした印象になる髪質の方です。長くても短くても毛先がツンッ!としていて、ラフなまとまり感が出にくいのが特徴です。

「くりんくりん」や「じりじり」ほどウェーブが強いと、癖っ毛な印象になります。毛量や髪の太さによっては膨らみやすく、特に梅雨時期にはモケモケして苦労することになります。

「まっすぐ」「くりんくりん」「じりじり」の方は髪が思うようにまとまらず、狙った形になりにくいので、CからSに当てはまらない方はセルフカットは避けたほうがいいです。

セルフカット動画の罠2:濡らして切る、はリスキー

 髪が濡れている時と乾いている時では、ウェーブ具合やクセの出具合が違うため、濡れたまま切ると乾いた時に大きな誤差が出ます。濡れている髪はボリュームが無くなり、かつウェーブが無くなるためまっすぐになります。このまま理想の長さにカットすると、乾いた時に極端に短くなってしまいます。

 必ず乾いた髪を切るようにしましょう。

セルフカット動画の罠3:手捌きに注意

 当然ですが美容師がセルフカットをすると、手捌きがプロのやり方になります。

 美容師が髪を切る時には、一連のモーションがあります。

 右手でクシでといて、クシで引っ張って毛束を引き出して、左手の人差し指と中指で毛束を挟んで、クシを左手の親指の付け根で挟むように持ち替えて、ハサミを構えて、挟んだ指に沿わせて切る。

 美容師にとってこれは当たり前の動作ですが、素人にはちょっとできません。

 これは誤差なく髪を切るための動作で、均等に毛束を引き出しているのですが、この一連がスムーズにできないと切った髪の長さはガタガタになります。これはひたすら反復練習した美容師の手捌きです。

 なので、できればそういった切り方をしていない動画を探しましょう。極端に言えば、素人の方がやってる動画の方が、参考になるかもしれません。

セルフカット動画の罠4:持ち上げて切る動作に注意

 美容師は、髪を持ち上げて切りますよね。あの時、持っている毛束がどうやって切れるのか、美容師は必ずイメージできています。

 図上のように、頭に対して毛束の真ん中(緑)が90度になるように引っ張って切ると、二等辺三角形になるので上と下が同じ長さになります。

 図下のように、頭に対して毛束の上(赤)が90度になるように引っ張って切ると、直角三角形になるので下が長くなります。

 この方法では、正確に引っ張らないと法則通りには切れません。さらに頭は丸いので、部位によって法則がより複雑に作用しています。

 自分が切りやすい場所、また鏡越しに見やすい場所で切ろうとすると、自然とその毛束には角度が付いて、髪の一部がバサッと無くなってしまう原因になります。

セルフカットするのであれば、「見える範囲」意識を

 難しい理論を持ち出していますが、逆に言うと、上手に切ってくれる美容師さんはここまで考えて髪を切っている、ということでもあります。    

 すでにセルフカットを実践して味をしめた方もいるかと思いますが、自分で後頭部を切るのは、美容師である僕にもできる自信がありません。

 バリカンで伸びたツーブロックを刈る程度であれば大きなミスにはなりにくいですが、ハサミでカットしていく段階は、収拾がつかなくなる可能性が高いです。

 鏡越しではハサミで手を切ってしまう危険も否めません。あえて切るなら前髪など、見える範囲に留めることをお勧めします。

(操作イトウ)

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    外国人が感じる日本の不思議文化

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。