記事

少年ジャンプ+編集長「出版社系漫画アプリで日本一になった理由」

1/2

出版不況に長らく苦しんできた出版業界。しかし、出版大手が次々に復活の狼煙を上げている。

たとえば集英社は、2019年5月期の売上高は1333億4100万円で、前年比14.5%増。当期純利益は98億7700万円で、前年の4倍弱。100億円の大台が目前だ。集英社以外の大手出版社である講談社、小学館も、最新の決算は同様に増収増益だ。その要因で共通しているのが、デジタル収入の増加だ。

そんな中、いま大注目されているのが、集英社の漫画アプリ「少年ジャンプ+」だ。ダウンロード数は累計1500万を突破。出版社系漫画アプリでアクティブユーザー数はNo.1だ。いかにして人気アプリを育てたのか。細野修平編集長に、デジタルで読者の心を摑む秘訣を聞いた。

Eメールの作成※写真はイメージです - 写真=iStock.com/AzmanJaka

No.1につながった、8年前からの努力

オリジナル連載作品「SPY×FAMILY」(遠藤達哉・著)の人気の高まりなどの影響で、19年後半から「少年ジャンプ+」のユーザー数は一気に増加しました。

この春は在宅需要に対応するため、「週刊少年ジャンプ」や、「ONE PIECE」などの人気作品を無料公開する施策を打ったこと、週刊少年ジャンプの大人気漫画「鬼滅の刃」の連載終了時期と重なったことも増加の理由だと思います。

とはいえ、今まで積み重ねてきたものがあってこそだということに注目してもらいたいです。

週刊少年ジャンプが初めてスマートフォンアプリに挑戦したのは、2012年の「ジャンプBOOKストア!」です。私はもともとデジタルが大好きで興味もありました。

週刊少年ジャンプ編集部の前にいた、ジャンプスクエア編集部で増刊号のデジタル版を出したのですが、それは出版社ではかなり先行した取り組みでした。

「少年ジャンプ+」はユーザ数が147%増加

コミックスをアプリで売りたい

一方、ビジネスの視点でデジタル化の遅れに焦りを感じていたのが、当時デジタル事業部にいた現・少年ジャンプ+副編集長の籾山(もみやま)悠太です。私が週刊少年ジャンプ編集部に異動してデジタル担当になった後、籾山から「コミックスをアプリで売りたい」と話があって企画がスタートしました。

当時は、漫画アプリはおろか、Amazonの電子書籍サービス「Kindle」が上陸する前です。市場はまったく読めず、かなりチャレンジングな企画だったと思います。しかし、当時の週刊少年ジャンプ編集長の瓶子(へいし)吉久(現・部長)が「新しいことはどんどんやれ」と背中を押してくれて実現しました。

あのタイミングで、デジタル好きな私、ビジネス視点で危機感を持っていた籾山、そして新しいものに積極的な瓶子、それぞれの思いが合致したからこそ、「ジャンプBOOKストア!」は生まれたと考えています。

いざ「ジャンプBOOKストア!」を始めると、驚くほど反応が良く、すぐ黒字化しました。デジタルにもしっかり読者がいることがわかったのです。

さらに、その層に向けて新しいエンタメを試そうと、翌13年に次のアプリ「ジャンプLIVE」をリリースしました。最初のアプリは漫画の電子書店でしたが、次は漫画に加え、小説やアニメも配信、動画配信も試しました。

しかし、残念ながら「ジャンプLIVE」は利益が十分に出ませんでした。基本無料、有料部分で課金をするモデルで、それなりに売り上げは立ちましたが、いろいろ作り込んでしまい、お金をかけすぎてしまったのです。

その反省から、一番反応が良かった漫画に絞って新たに開発したのが「少年ジャンプ+」です。ビジネスの柱は3つ。まず、「週刊少年ジャンプ」デジタル版の定期購読。次に、コミックスの販売。そして、オリジナル作品の課金です。

なかでも目玉として考えていたのは「週刊少年ジャンプ」デジタル版でした。紙でしっかり利益が出ているコンテンツをデジタル版で出すことについては、いろいろな意見がありました。当時、漫画雑誌でデジタル版を出していたのは、講談社の青年誌「Dモーニング」だけ。

他の少年誌はやっていないし、もう少し様子を見てもいいのではないかというわけです。

ジャンプは真っ先に新しいことをやろう

しかし、もともとジャンプには「ジャンプは真っ先に新しいことをやろう」という気風があります。また、前年にデジタル版も出した「週刊少年ジャンプ」45周年記念号は、デジタルも売れたし、紙もしっかりと売れていた。その実績もあって、無事にゴーサインが出ました。

少年ジャンプ+編集長 細野修平氏

「少年ジャンプ+」のリリースは、14年です。まず反応があったのは、やはり「週刊少年ジャンプ」の定期購読でした。新しい読者もいたし、紙から移ってきた読者もいました。

そして、「少年ジャンプ+」がオリジナル作品で目指したのは、曜日ごとにスターをつくること。「週刊少年ジャンプ」は、発売日の月曜日を楽しみにしている人がすごく多いですよね。「少年ジャンプ+」は、その楽しみを読者に毎日提供しようと思いました。

そのためには、曜日ごとにある程度の作品数を揃えて、ジャンプらしい健全な競争を促す必要があります。そうすると、1曜日10本×7日で、計70本くらいが理想ですが、最初はその作品数が少なくて苦労しました。

スタート時は、復刻作品を除いて20本くらいだったでしょうか。そこから現在のオリジナル作品約70本弱に持っていくときに貢献してくれたのは、「ジャンプルーキー!」という漫画投稿のデジタルサービスです。

ここに新人作家さんが投稿すると、すぐ公開されて、編集者と読者が評価をします。新人作家発掘のために始めたサービスなので、才能があると感じる方がいたら積極的に声をかけて、「少年ジャンプ+」でも描いてもらっています。

新しいユーザーを増やすための仕掛けは、初期はあまりしていませんでした。宣伝施策を行い始めてからしばらくして、藤本タツキ先生「ファイアパンチ」や、原作・LINK先生、作画・宵野コタロー先生の「終末のハーレム」の連載が始まると、アクティブユーザーが一気に増えた。

デジタルでも、やはり一番大切なのは、作品の力だと痛感した出来事でした。

ただし、それが行き過ぎて「作品さえ良ければいい」になるのもマズい。作品に頼り切るのではなく、編集部としてきちんとデータ分析しながらマーケティング施策も打つようにしています。

たとえば19年4月のアプリ改修時に、アプリを初回ダウンロードした人は、オリジナル作品を一回限り全話無料で読めるようにしました。それまでは最初と最新の3話のみ無料でしたが、ほかは有料でした。それだと短期的な収益は得られても、読者のすそ野は広がらない。

まずは漫画を多くの人に読んでもらうことが大切だと考えて、初回全話無料に切り替えたのです。

あわせて読みたい

「少年ジャンプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  4. 4

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  7. 7

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    古館氏&橋下氏が憲法9条巡り激論

    ABEMA TIMES

  10. 10

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。