記事
  • SmartFLASH

倒れても補償なし「危ない電柱」はシールで判別【チェック表つき】

「特に今年は猛暑で、海面の温度が上昇し、台風が日本に上陸しやすくなっています。台風被害の対策をしておくべきでしょう」(気象予報士・片山由紀子氏)

 いよいよ、今年も台風シーズンが来てしまったーー。

“風の恐怖” は、見過ごすことができないものになってきている。近年の台風では、東京都内でも最大瞬間風速40m以上の風が観測されることがある。50m級の風となると、樹木が根こそぎ倒れるレベルだ。

 千葉市で最大瞬間風速57.5mを記録した2019年の台風15号では、山間部を中心に約2000本の電柱が倒壊。同じく大阪市内で47.4mを記録した2018年の台風21号でも、1700本以上の電柱が倒壊し、大規模停電が起こった。

 日本は、全国で3500万本以上の電柱を抱える「電柱大国」だ。約20年にわたり、配電設備設計者として電力会社に勤め、現在は情報サイト『電柱net』を運営する山本剛史氏は、こう語る。

「風の影響のみでコンクリートの電柱が倒れることは、まずありません。むしろ、木や看板が風に飛ばされて、電線に引っかかり、バランスを崩して傾く可能性が高いのです。

 いまは、電力会社の高圧線・低圧線に加えて、NTTのケーブルテレビ、光ファイバーもあって、電線が増えています。より、飛来物が引っかかりやすい状況にあるんです」

 電柱は法律上、毎秒40mの風にも耐えられることを基準に、設置されている。だが、すべての電柱がこの基準をクリアしているわけではない。「強風は吹かない」とされてきた都市部や、民家が多く連なる場所などでは、電柱は毎秒28mの風に耐えられれば法律上、基準を満たしているとされるのだ。

「じつは、どちらの電柱を設置するかの判断は、設置企業に委ねられています。そのため同じ地域内で、電力会社設置の40m対応の電柱と、NTTによる28m対応の電柱が混在しているケースもあるんです。

 耐久性に劣る28m対応の電柱で、しかも架けられた電線が多い場合は当然、傾く危険が高まります」(山本氏)

 しかし、ここで驚くべきことがある。都市部にある風速28m対応の電柱が台風で倒れ、民家などに被害が出たとしても、法律上は設置企業に補償義務はないのだ。

「設備巡視で、電柱に問題がないことを確認しております。台風のような大規模災害を起因とする損害の補償には、応じられません。基準を満たしていない電柱の折損による被害が明らかになった場合は、必要に応じて個別に補償対応をさせていただきます」(関西電力送配電株式会社広報担当者)

 これはつまり、安全基準を満たしていた電柱の倒壊による損害は補償されないが、万一、その電柱になんらかの「不備」があったと被害者が証明できれば、補償される場合もあるということだ。

 だが、電柱が台風で被害を受けたとき、復旧作業のため、設置企業はすぐに該当の電柱を撤去してしまう。そうなったら、倒れた電柱の「不備」を確認する術はない。

「ですから、自宅近くの電柱、電線の写真や動画をあらかじめ撮っておくべきです。そうすれば、電柱に不備があったと証明できる。不安なことがあったら、電力会社・NTTなどに、早めに改修の依頼をすることが大事です」(山本氏)


ンクリート柱にひび割れが入った状態を山本氏が見つけた。原因は過去の負荷によるものが多い

 山本氏はこれまで、関西電力管内の電柱で2000件以上の技術基準違反を指摘し、1500件以上の改修工事を実現させた。

「思った以上に、電柱の不備はあります。折損する危険性があるのに、改修費用がかかるため放置されているケースもありました」(山本氏)

 実際に、NTT西日本では折損事故の可能性がある電柱が約71万本あり、2017年末までに建て替え予定だったが……。

「じつは建て替えのために、NTTの電柱には『赤=異常がある』『緑=バランスが取れていない』のシールが貼ってあるのです。丸囲みの数字は点検した年度です。

 ところが、2020年8月でも赤いシールが貼られたままの電柱が放置されているケースがありました。すぐNTTに連絡したところ、建て替えられることになりました」(山本氏)

 もちろん「赤シール」で即座に倒壊の危険があるわけではないが、「危ない電柱」かどうかの目安にはなるようだ。シールについて、NTT西日本に確認すると、「色の違いについては弊社の管理区分ですので、お答えを控えさせていただきます」との回答だった。

 次のページでは、山本氏の経験から生み出した「危ない電柱」の見極め方を、チェックリスト形式で示した。被災後に泣き寝入りだけはしたくない。


奥の電柱は左側に傾いているうえに、根本にはひび割れも見られた。倒れるリスクが高い電柱だ

【「危ない電柱」を見極めるチェックリスト】
□(1)「異常あり」のシールはないか?
 不具合のある「コンクリート柱」が放置されている場合がある。NTTでは電柱を点検し、ランク分けしている。貼られているシール(本記事1ページめ冒頭の写真を参照)が「赤」なら「異常がある」、「緑」なら「バランスが取れていない」、「黒」は「異常なし」。

□(2)柱に「ひび割れ」は?
 コンクリート柱は基本的にひび割れが起きないように設計されているが、過去に台風などで負荷がかかったり、設計上の強度の2倍以上の力がかかったりしたことで、ひび割れてしまうことがある。すぐに建て替えが必要かどうかは、一本ごとの状況次第だが、よくない状態である。

□(3)「傾斜」「湾曲」はないか?
 電柱は地面に対して垂直に建てるもの。軟弱な土質に設置した場合や、「末端柱」(電線網のいちばん端の電柱)に取りつけられている「支線」(電柱を支えるワイヤー)の引っ張る力が、電柱が引っ張られている力と釣り合っていない場合、傾斜や湾曲が起こる。

□(4)「電線」が多すぎないか?
 基準どおり設計された電柱が、風だけで倒れることはほとんどない。起こる可能性が高いのは、電線や支線、そして電柱本体に物が引っかかることで力が加わった場合である。一本の電柱に取りつけられた電線が多ければ多いほど、引っかかるリスクは高くなる。

□(5)「28m/s電柱」かどうか?
 電柱には「風速40m/s」の風圧を基準に設計されたものと、「風速28m/s」基準で設計されたものの2種類がある。もちろん「28m/s」のほうが倒れる可能性が高いわけだが、所有元(電力会社もしくはNTT)に尋ねてみると、近所の電柱がどちらの種類か教えてくれる可能性がある。

《対応方法》
どれかひとつでもあてはまるものがあれば、写真、動画を撮って「現状保存」すべし!

写真提供・電柱net

(週刊FLASH 2020年9月15日号)

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  9. 9

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  10. 10

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。