記事

ブレない人 菅義偉官房長官について

※ボランティア登録をされている方向けの配信「れいわ地下2階」
(ボランティアの皆様との交流プラットフォーム)
https://b2.reiwa-shinsengumi.com/
にて公開したものを転載いたしました。

----

先日、TVでのインタビューに答えた、

次期総裁候補の菅義偉官房長官。

[画像をブログで見る]

自助・共助・公助と自筆で書かれたフリップ。

菅総理誕生後には更なる「自己責任!」渦巻く社会の到来を予感させてくれる。

菅官房長官は、私が参議院議員の時に5年間所属した内閣委員会で、何度も答弁をいただいた方。

もちろん、答弁での「塩対応」は日常茶飯事。

その塩分の強さから、歯茎まで引き締まる思いを何度もした記憶が蘇る。

その中から一つご紹介する。

2015.4.7 内閣委員会質問

若者の貧困と住宅政策について質問をし、公的住宅の拡充を訴えたものだが、それに対する答弁をご覧いただきたい。

(菅官房長官答弁 引用)

 私、日本という国は衣食住、生活の基本であります、

衣も食も世界で私、トップクラスだというふうに思っています。

ただ、住宅政策、これはやっぱり遅れているというふうに私は思っていました。

私、秋田から出てきたとき一番びっくりしたのは住宅の家賃が余りにも高過ぎたんですね。そういう思いの中で、私、今自民党の、これは個人的なことで恐縮ですけれども、

公団住宅居住者を守る会の会長というのを実はやっているところであります。

(菅官房長官答弁 引用終わり)

この流れであれば、いい答弁が貰えそうである。

苦労人だった私もわかりますよ、家賃高いですよね、

公共住宅の問題にも関わってきたから理解も深いです、

か・ら・の・

(菅官房長官答弁 引用)

ただ、やはり基本は自助、自立、共助、公助ですか、そこをやはりしっかり行うということがまず基本だというふうに思っています。

(菅官房長官答弁 引用終わり)

筋金入りの「小さな政府」の人。

あの答弁から5年経ったけど、ブレない人。

間違った経済政策による20年以上のデフレに加え、コロナによる大打撃。

この先、コロナ不況どころか、恐慌にも繋がりかねない。

そんな中でも、自助を強調できるんだから。

ブレない人だ。

[画像をブログで見る]

特にフリップの「自助」の「自」がデカい。

気持ちこもってる。

負けてられない。

通貨発行権を持つ政府が、大胆にお金を出して徹底的に底上げさせる政治を作っていこう!

みんなで力を合わせて。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  5. 5

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  8. 8

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  9. 9

    昨年末からじわじわと円安ドル高に…地政学的リスクの増大が一つの要因か

    ヒロ

    04月20日 11:44

  10. 10

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。