記事

「お墓離れ」がコロナ禍でさらに加速? モノより精神の時代に問われる“お墓参り”の必要性

1/2


 コロナ禍に伴って、様々な物事の価値が見直される昨今。特に家族が集まる冠婚葬祭も見直され、今年のお盆は墓参りに行かなかったという人も多いのではないだろうか。

・【映像】コロナ禍で墓じまいも増加 "家族を確かめる機会"代わりになる手段は?



 近年、少子化などを理由に、管理が難しい事態を予想し、事前にお墓を撤去する「墓じまい」や、経済的理由などから、遺骨を家族ではなく将来にわたって霊園や寺院に供養・管理してもらう「永代供養」を検討、選択する人が増えているのだという。また、人気の樹木葬や海洋散骨、さらには宇宙葬など、お墓の形も多様になってきている。



 昨年祖父が他界した浦上さんも、お墓をどうするか家族で話し合ったという。「2桁で済むものかなと思っていが、3桁いったから、死んでからもお金かかるのだなと…」と振り返る。また、中国人の父と日本人の母を持つ根岸月華さんは「もしお墓を中国に建ててしまうと、お参りすることが難しくなる。だから私はバーチャルのお墓でも十分かなと思う」と話す。



 終活関連サービスを提供する株式会社鎌倉新書の矢野美紗子氏は「ご両親のお墓や自分自身のお墓についてどう考えるのか、何を大切にしたいのかを皆が発信していかなければならない時代だと思う」と指摘する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  5. 5

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  6. 6

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  7. 7

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  8. 8

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  9. 9

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。