記事
  • ロイター

FRB、社債購入枠拡大か リスク資産の急落継続なら=シティ


[4日 ロイター] - シティグループのアナリストは、米国の株式や社債の急落が続いた場合、米連邦準備理事会(FRB)が社債の買い入れ枠を拡大する可能性があるとの見方を示した。

4日の米国株市場は前日に続き高値圏にあるハイテク株が下落。ICE BofA米国社債インデックス<.MERC0A0>によると、投資適格級社債のスプレッドは1ベーシスポイント(bp)拡大し135bpとなった。

また、iシェアーズiBoxx米ドル投資適格級社債上場投資信託(ETF)<LQD.P>は0.7%安の135.34。前日は0.22%安だった。

シティグループのアナリストは3日付リポートで、「投資家は3日のリスク資産の急落に対するFRBの対応を注視することになる。FRBは市場を安心させるために数日内に買い入れ枠の小幅な拡大を決定する可能性がある」とした。

FRBによる社債の1日当たり平均買い入れ枠は、信用スプレッドの引き締まりや貸付市場の回復などを理由に、5月導入時の約3億ドルから今週は2600万ドルまで縮小。ただ、市況が再び悪化すれば、FRBが買い入れ枠を再び拡大する可能性がある。

6月に米株が急落し投資適格級の信用スプレッドが拡大した際にも、FRBは社債とETFの1日当たりの買い入れ枠を段階的に拡大。シティグループは「市場のリスクオフが7日のレーバーデー以降も続き、FRBの対応が6月時と同じであれば、1日当たり平均買い入れ枠は約1億ドルまで回復する可能性がある」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    菅首相らしくない葬儀案の奇妙さ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。