記事

日本の子どもは幸福感が乏しい

国連児童基金(ユニセフ)は、昨日3日、先進・新興国38ヶ国に住む子どもの幸福度を調査した報告書を公表しました。日本の子どもは生活満足度の低さ、自殺率の高さから、「精神的な幸福度」が37位と最低レベルでした。「身体的健康」では1位で、経済的にも比較的恵まれていましたが、学校のいじめや家庭内の不和などを理由に幸福を感じていない実態が明らかになった、と報じられています。とても考えさせられる結果だと思います。

日本では、「子どもの権利条約」に批准しながら、それを担保する法律がありません。児童福祉法の改正も、議員の時に試みましたが、相変わらず、子どもは「保護」の対象という考え方が強く、「権利」を規定しようとすると、「これ以上、子どもをわがままにするのか」といった見当違いの意見に押し切られる状態でした。教育評論家の尾木直樹さんは、日本の学校現場を「いじめ地獄」と表現し、偏差値偏重による受験競争過熱も相まって「子どもの自己肯定感が低く、幸福感が育たないのは必然だ」と指摘しています。

この報告書は、2015~19年に、経済協力開発機構(OECD)と欧州連合(EU)の加盟国を国連などの統計を使って分析し、一定のデータが集まった38ヶ国を「精神的な幸福度」「身体的健康」「学力・社会的スキル」の3分野で指標化したもので、新型コロナウイルス流行前のものです。総合順位で1位はオランダ、2位はデンマーク、3位はノルウェーで、日本は20位でした。

日本が低かった「精神的な幸福度」は、生活満足度と自殺率で指標化し、1位はオランダで90%の子どもが満足していました。15~19歳の10万人当たりの自殺率は、ギリシャが1.4人と最もすくなく、日本はその約5倍の7.5人、とのこと。子どもが主体的に、個性を大切にされて育てる社会をつくる必要を、改めて感じさせられました。

あわせて読みたい

「日本」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  9. 9

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。