記事
  • 女性自身

志村けんさん 追悼ドラマ批判に実兄が反論「ありがたかった」


「弟は独身でしたからね。私たち兄弟の両親も眠っている、本家の墓に入りました。新盆にあたる8月15日に、私たちもお墓参りに行ってきましたよ」

8月下旬、庭木の水やりの手を止めて、取材に応じてくれたのは、志村けんさん(享年70)の実兄・志村知之さん。

3月に新型コロナウイルスによる肺炎で志村さんが亡くなってから5カ月。

8月22日には、『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、追悼ドラマ『誰も知らない志村けん ―残してくれた最後のメッセージ―』が放映された。テレビ局関係者は言う。

「実際の映像を交えながら、人気番組『天才!志村どうぶつ園』が誕生するまでを、ドラマで描きました。視聴率は22.6%と、かなり好調だったのですが、SNS上などで批判する人たちも少なくなかったのです」

声の一部を紹介すると――。

《志村けん…またテレビ局は障がい者とか死んだ人で金儲けしようとしてるんか…》

《志村けん死んですぐ特番ドラマの題材にする24時間テレビというか日テレの下品っぷり、あまりにもイメージどおりすぎる》

《追悼というよりは死者を食いものにしてる感じがしますね》

批判の多くが、志村さんの逝去から日がまだ浅いことを理由にしていた。実は、遺族である知之さんも、そういった声があることは知っていたという。知之さんが続ける。

「ドラマが制作されることもずいぶん前から知っていましたし、放映に反対の声を上げている人たちがいることも存じています。私もドラマを見ましたが、子供のころのエピソードとか、弟のずいぶん細かいところまで調べてくれて作ってくれたんだなぁと、うれしくなりました。

《志村けんさんに対して失礼でないのか》といった声もあるようですが、私はそうは思いませんでした。きっと多くのファンの人たちも喜んでくれたのではないでしょうか。遺族としては、亡くなって5カ月もたつのに、弟をいまも覚えてくれていて、こういったドラマを作ってくれて、ありがたいと思いました」

知之さんは目に光るものを浮かべながら、最後に亡き弟をこう偲んだ。

「コロナのせいで、きちんとお別れできなかったからでしょうか。5カ月もたつのに、まだ弟が逝ってしまったことが、どこか信じられないんです。ばったり弟と会うこともあるんじゃないか、そんな思いが消えません。」

「女性自身」2020年9月15日号 掲載

あわせて読みたい

「志村けん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。