記事

岸田さんには気の毒だが、世間の評価はこんなもの。いやー、厳しい、厳しい。

朝日の世論調査の結果は、実に衝撃的だった。

決して悪い人ではないのだが、それだけでは世間からなかなか評価してもらえない、ということだろう。
政治的なリーダーシップや統率力が求められているのに、今の岸田さんにはそういうものを感じさせる要素が少なかったと考えざるを得ない。

まあ、それでも総裁選に果敢に名乗りを上げられた、というのはいいことである。

どこで何があるか分からないので、堂々とした選挙戦を最後まで展開されることである。

今回の総裁選は、名乗りを上げること自体に大きな意味がある。
不利を承知で挑戦すれば、案外ガッツがあるじゃないか、ということになる。
仮に所期の結果が出なくても、クリーンで、温厚で、良識派で、如何にも穏健保守の鏡のような姿を見せれば、何かの時には岸田さんがいる、ということにはなる。

今回は判官贔屓の受け皿にはなりそうもないが、まあ、そんなにガッカリされることはない。

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。