記事
  • ロイター

個人への神経剤攻撃、禁止化学兵器の使用に相当=化学兵器禁止機関


[アムステルダム 3日 ロイター] - オランダ・ハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)は3日、ロシアの反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏に対し神経性毒物が使用された事件について、「神経性毒物で個人を攻撃する行為は禁止されている化学兵器の使用とみなされ、こうした行為があったとの指摘は重大な懸念事項」との声明を発表した。

ドイツは、ナワリヌイ氏に対して旧ソ連時代に開発された神経剤「ノビチョク」が使用されたと発表。この薬物は2018年に英国で起きたロシア元情報機関幹部と娘の襲撃事件でも使用されている。

昨年11月にはOPWCがノビチョクを含めた規制対象の拡大を目的とする「特定禁止物質リスト」を改正することで合意し、今年6月7日に発効した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  4. 4

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  5. 5

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  6. 6

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  9. 9

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。