記事
  • ロイター

午前の日経平均は反落、米国株安を嫌気 売り一巡後は下げ渋り


[東京 4日 ロイター] - 4日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比224円58銭安の2万3240円95銭となり、反落した。朝方は前日の米国株急落が嫌気されて広範囲で売られたが、売り一巡後は下げ渋り、取引時間中を通じて2万3000円台をキープした。鉄鋼や輸送用機器などバリュー系の業種は値上がりしており、全面安商状とはなっていない。

前日の米国株市場では、このところ堅調に推移していたハイテク優良株や半導体関連株が売られ、ダウが2.78%安、S&P総合500種が3.51%安、ナスダック総合が4.96%安でそれぞれ取引を終えた。

東京市場もこの流れを引き継ぎ、日経平均は前営業日比335円21銭安でスタート。一時366円76銭安の2万3098円77銭まで下押しされた。ただ、そこから売りの勢いは強まらず、前引けにかけてじりじりと下げ幅を縮小した。

市場では、米国株の下げは高値警戒感からくる利益確定売りが中心だったとの見方や、「新型コロナウイルスの感染拡大を契機とした社会構造の変化は今後も進む。(非接触の)ハイテク関連株は押し目で買われる」(内藤証券のリサーチ・ヘッド&チーフ・ストラテジスト、田部井美彦氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.73%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9405億円とやや薄商い。市場からは「全体が調整する中で、鉄鋼や自動車などPBRが1倍割れとなっているセクターに出遅れ修正の動きが出ている」(国内証券)との声があった。半面、精密機器、情報・通信、サービス、医薬品、電気機器などは軟調だった。

このほか、前日に引き続き地銀株の上昇が目立った。自民党総裁選を優位に進めている菅義偉官房長官が、地銀のあり方について再編も1つの選択肢と述べたことなどが材料視されている。

東証1部の騰落数は、値上がりが662銘柄に対し、値下がりが1401銘柄、変わらずが107銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  3. 3

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  5. 5

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  6. 6

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  7. 7

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  8. 8

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  9. 9

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。