記事
  • ロイター
  • 2020年09月04日 12:10 (配信日時 09月04日 12:09)

午前の日経平均は反落、米国株安を嫌気 売り一巡後は下げ渋り


[東京 4日 ロイター] - 4日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比224円58銭安の2万3240円95銭となり、反落した。朝方は前日の米国株急落が嫌気されて広範囲で売られたが、売り一巡後は下げ渋り、取引時間中を通じて2万3000円台をキープした。鉄鋼や輸送用機器などバリュー系の業種は値上がりしており、全面安商状とはなっていない。

前日の米国株市場では、このところ堅調に推移していたハイテク優良株や半導体関連株が売られ、ダウが2.78%安、S&P総合500種が3.51%安、ナスダック総合が4.96%安でそれぞれ取引を終えた。

東京市場もこの流れを引き継ぎ、日経平均は前営業日比335円21銭安でスタート。一時366円76銭安の2万3098円77銭まで下押しされた。ただ、そこから売りの勢いは強まらず、前引けにかけてじりじりと下げ幅を縮小した。

市場では、米国株の下げは高値警戒感からくる利益確定売りが中心だったとの見方や、「新型コロナウイルスの感染拡大を契機とした社会構造の変化は今後も進む。(非接触の)ハイテク関連株は押し目で買われる」(内藤証券のリサーチ・ヘッド&チーフ・ストラテジスト、田部井美彦氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.73%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9405億円とやや薄商い。市場からは「全体が調整する中で、鉄鋼や自動車などPBRが1倍割れとなっているセクターに出遅れ修正の動きが出ている」(国内証券)との声があった。半面、精密機器、情報・通信、サービス、医薬品、電気機器などは軟調だった。

このほか、前日に引き続き地銀株の上昇が目立った。自民党総裁選を優位に進めている菅義偉官房長官が、地銀のあり方について再編も1つの選択肢と述べたことなどが材料視されている。

東証1部の騰落数は、値上がりが662銘柄に対し、値下がりが1401銘柄、変わらずが107銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。